カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 出産内祝い > 出産内祝いのマナー > すでに「出産内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス

すでに「出産内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「出産内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

職場の方たちへの出産内祝い(お返し)に関するマナー
出生祝いのお返し・内祝いの知らないでは済まされない常識
出産祝いのお返し・内祝い
出産祝いのお返し・内祝い
上司への出産内祝いの正しい渡し方
出産祝いを頂いた方へのお祝い返しに関するマナー
両親への出産内祝いに関するマナー
両親への出産内祝いに関するマナー
両親への出産祝いのお返しに関するマナー
両親や義父母への出産内祝いに関するマナー
出産祝いのお返しを贈らないのは非常識?
出産祝いのお返し(内祝い)をいらないと言われたら?
出産祝いのお返し失礼のないマナー
沖縄の出産内祝い(お返し)に関するマナー
出産祝いのお返し・出産内祝いの知らないでは済まされない常識
赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方へ内祝いを贈る際のマナー
出産祝いを品物で頂いた場合のお返しに関するマナー
子供が生まれた喜びをこめて贈る出産内祝い、本来の意味
出産内祝いに食品を贈る場合のマナー
上司への出産内祝いの正しい渡し方
上司への出産内祝いの正しい渡し方
出産内祝いとは?マナーや常識
出産後、内祝いを贈る正しい時期やマナー
両親から出産祝いを貰った場合の内祝いはどうする?
両親への出産内祝いにおすすめのギフトとマナー
両親への出産祝いのお返しのマナー
赤ちゃんの初節句に羽子板を頂いた際のお返し
出産内祝いの品物選びに関するマナー
出産祝いのお返しの品としておすすめの物や避けた方がいい物
出産祝いのお返しの品を選ぶ際のマナーや常識
出産内祝いやお返しの品物選びに関するマナー
出産・育児に役立つサンプルや無料プレゼント情報
出産準備品無料プレゼント情報
サンプルや試供品がもらえる出産準備品無料プレゼント情報

職場の方たちへの出産内祝い(お返し)に関するマナー

「職場の方たちへの出産内祝い(お返し)に関するマナー」についてご紹介いたします。出産をするとご両親や兄弟、姉妹、祖父母や、親戚、友達、知人、職場の人たちからお祝いを頂く場合があります。職場の方たちから頂くお祝いは、まとめていただく場合もあります。

また、仲がよくて個別にお祝いをくれる方もいるかもしれません。出産内祝いお返し職場の方で個別にお祝いを頂いた場合は、マナーとしては頂いた金額の三分の一から半額くらいのものを選らんでおくるようにしましょう。出産内祝いお返し職場の方あてに選ぶ商品は、カタログギフトや商品券、タオルなどの日用雑貨やスイーツ、コーヒーなどの嗜好品でも良いでしょう。カタログギフトは、好みの品物を自分で選ぶことができますので贈られたほうも喜ばれるかもしれません。贈る時期のマナーとしては、出産してから1ヶ月から遅くとも2ヶ月以内までにお返しを贈るようにしましょう。「のし」は、出産内祝、または内祝とします。

贈る商品などに赤ちゃんの名前やフリガナ、誕生日、出生体重や簡単なメッセージなどをそえて感謝の気持ちを伝えましょう。もし、上司の方から出産祝いを個別にいただいて内祝いを贈る場合は仕事の道具を贈ることはタブーなので気をつけましょう。たとえば履物やベルト、筆記用具などは贈らないようにしましょう。

出生祝いのお返し・内祝いの知らないでは済まされない常識

最近では、出生祝いのお返しとして贈る物という意味合いが強い内祝いですが、本来は『我が家にお祝い事がありました。一緒に喜んでください』という思いを込めて、日頃お世話になっている人達に、報告と感謝の意を表して自発的に贈るものなので、順番的には、内祝い→出生祝いのお返しが本来の流れです。時代の移り変わりと共に、内祝いや出産祝いはカタログギフトが人気になっています。

お返しとして贈る場合にも、熨斗は必ずつけるのが常識です。また、熨斗は紅白の蝶結びのものを選んでください。『蝶結び』は何回ほどけても繰り返しできるので、繰り返し起こってほしい縁起事の時に使います。これは出産以外の祝い事にも使う常識なので、覚えておきましょう。内祝いとして贈る時の熨斗は、蝶結びの上の部分に内祝いと書いて、蝶結びの下の部分は赤ちゃんの名前のみ記入します。読みにくい名前の場合はフリガナをふるといいです。出産祝いの場合は、上に御出産祝いと書いて下は自分の名前を記入します。また、カタログギフトを贈る場合は、汚れるのを防ぐ為にできるだけ内熨斗にしてください。

出産祝いにはお祝いのメッセージを、お返しや内祝いには感謝の言葉を一言添えるて入れておくのも常識です。

出産祝いのお返し・内祝い

出産を終えて無事に生まれた赤ちゃんとご両親のもとには、多くの方からお祝いの言葉やギフトが届きます。現在はこのようなお祝いに対して内祝いと呼ばれるお返しをするのが普通ですが、マナーに注意することで、贈った方と贈られた方、双方の喜びを一層確かなものとすることができます。

まず、内祝いを送る時期は、出産から30日ほど経った頃が最適で、遅くとも60日以内にはお返しを贈る必要があります。昔であれば、必ず紅白ののしが付いた箱で送っていましたが、現在は洋風のギフトも多くなりましたから、相手の方にもよってはのしは必須ではありません。のしを付けない場合であっても、お祝いをくださったことに対する感謝の気持ちを記した手紙をしたため、赤ちゃんの名前や成長についての報告も書いて、ギフトに同封しましょう。

また、お返しの金額は、相手の方がくれた贈り物より高すぎても安すぎてもいけないので注意が必要です。高すぎると相手を見下すことになりますし、安すぎても相手を軽視することになります。難しいですが、受け取った贈り物の3割から5割くらいの価格のものを選ぶことをおすすめします。

このようなマナーに注意しても、贈り物が相手の方の好みに合わなかったり、食べ物であれば賞味期限が短すぎたりしてしまうことは考えられますね。不安を解消し、相手の方に必ず喜んでもらえるものを贈るには、たき新のようなカタログギフトを利用するのがおすすめです。出産祝いや内祝いにふさわしいギフトもありますから、祝福ムードを高めることができますよ。

上司への出産内祝いの正しい渡し方

「上司への出産内祝いの正しい渡し方」についてについてご紹介いたします。上司の方に贈る出産内祝い場合に正しい渡し方があるのか疑問に感じてしまうかたも中にはいらっしゃるかと思います。

上司の方に贈る出産内祝い場合にはすべての部下に出産のお祝いを渡すわけではありませんし、すべての部下が出産をするわけではありません。そのような点を考えて正しい渡し方をするように心がけましょう。また出産祝いをもらっていない人がいる前でお祝いのお返しの品物を手渡してしまうと気まずい雰囲気になってしまいます。上司の方の顔をつぶしてしまっては元も子もありませんし、今後の会社内での付き合い方にも影響を及ぼしてしまいかねません。上司の方へお祝いのお返しの品物を贈る場合は、手渡しをするよりも自宅へ送るほうが無難だといえます。感謝の気持ちをこめた出産の内祝いなので贈るタイミングや場所についてもきちんと配慮しましょう。

出産祝いをくれた上司の方の内祝いは「ご自宅に」お菓子のギフトセットやカタログギフトなどを送るのがおすすめです。お祝いをしてくれたのだからと固く考えて高価なものを返さなくてはならないということはありません。大切なことはお祝いを頂いたことに対する感謝の気持ちです。心を込めた趣味の品物やカタログギフト、お菓子のギフトなどをきちんとお礼状を添えて贈ると良いでしょう。

出産祝いを頂いた方へのお祝い返しに関するマナー

「出産祝いを頂いた方へのお祝い返しに関するマナー」についてご紹介いたします。出産祝いを頂いたらお祝いのお返しの品物を贈りますが、出産祝いお祝い返しに関するマナーはどのような点に気をつけておけば相手の方に失礼にならないのでしょうか。

たとえば出産祝いお祝い返しに関するマナーは、まずは出産のお祝いを受け取ったらすぐにお礼の言葉を伝える事が大切です。直接頂いた場合は、その場でお礼をいいましょう。郵送などでお祝いの品物やお祝い金がおくられたきた場合には電話をして相手の方にお礼の言葉をつたえましょう。メールなども相手と繋がる手段のひとつですが、お祝いのお礼にはメールは失礼にあたる場合もありますのでやめておいたほうが良いでしょう。

お祝いのお返しの品物は半返し程度の品物をおくりますが、品物を贈る時期はお宮参りくらいまでとされています。あまり遅くなってしまいますとマナー違反になりますので気をつけたほうが良いでしょう。

お祝いのお返しの品物にはお礼状を添えて贈るようにしましょう。お祝いのお返しの品物は、カタログギフトやスイーツのギフトセット、タオルギフトセット、テーブルウェアなどがおすすめです。カタログギフトは出産内祝い用のアイテムなどもありますし、おしゃれなカタログギフトやグルメにこだわったカタログギフトなどもあります。スイーツギフトは、カステラやバウムクーヘンなどのお菓子に赤ちゃんの名入れをして贈るギフトが人気です。

両親への出産内祝いに関するマナー

両親からいただいた出産祝いのお返しを用意する際に知っておきたいマナーとは何でしょうか?まずはお返しの予算相場ですね。ご両親への出産内祝いを用意する時にいただいた金額のおよそ3分の1程度で考えている人が多いかもしれません。これは、慶事でお祝いをいただいた際に、目上の方や金額を多く包んでくださった方へお返しを用意する相場ですよね。決して間違いではないと思います。

しかし、両親からの出産祝いは多くの場合、形式的にお返しを期待したものではなく「これで赤ちゃんに必要なものを用意してあげてほしい」という気持ちが込められているもの。お返しでいくらか返ってくることを期待していないのです。むしろ、ご両親からいただいたお祝いでベビーカーなど赤ちゃんがずっと使う大切なグッズを買わせていただきましたという報告の方が喜ばれることも多いです。

ですから、両家の家風、ご両親のお考えにもよりますが、「お返し不用」、「赤ちゃんのために使って」というお言葉を添えていただいたお祝いだとしたら、きっちりとお返しを用意するよりも赤ちゃんにとって長く使う大切なアイテムに替えた方がマナーとしては良い場合もありますよ。その時は、きちんと何を買わせてもらったか報告すると良いでしょう。

中には、礼儀作法を重んじるご家庭で両親であってもご両親への出産内祝いはきっちりと相場通りにした方が良いこともあるでしょう。その時にはカタログギフトがおススメです。何でも一通りのものが揃っている祖父母世代ではタオルなど現物よりも好きなものをセレクトできるカタログギフトの方が重宝されたりしますのでね。これらのお返しにプラスして赤ちゃんの写真やパパママからの感謝のお手紙、メッセージカードなどを添えてお返しすると喜ばれるかと思います。

両親への出産内祝いに関するマナー

両親から出産後にいただいたお祝い。赤ちゃんを迎えると新たに必要なものが多く、出費続きですから本当に助かりますよね。しかし、一般的なマナーから考えるとお祝いにはお返しを用意しなければなりません。そこで、ご両親への出産内祝いを用意する時に押さえておきたいポイントを紹介したいと思います。

まず、お返しの金額ですが、きっちりと礼儀を尽くすとするならばいただいたお祝い金額の3分の1程度を目安としてお返しを用意するのがマナーです。5万円のお祝いをいただいたのなら、15000円程度。10万円のお祝いなら3万円程度でお返しを用意したいところですね。

ところが、この通りにお返しするのが正しいとは限りません。と言うのも、ご両親の場合はお返しはいらないので、赤ちゃんに必要なものをこのお祝いで用意してあげてほしい、もしくは出産に伴う出費は大きいので子ども夫婦の経済的負担を軽くしてあげたいという気持ちからお祝いを多く包んでくれていることが多いのです。もし、ご両親が「お返しはいらないよ」、「その分で赤ちゃんに何か買ってあげて。十分な準備をしてあげて」とおっしゃってくださったのなら、そのようにさせていただくことの方がむしろ、高額なお返しを用意するよりも喜ばれることも。そうさせていただいた場合には、ご両親へきっちりと「○○を買わせていただきました。ありがとうございます」というお礼の報告を入れると同時にちょっとしたご両親への出産内祝いを用意して贈りましょう。

内祝いの金額は3000円や5000円程度のカタログギフトでも構わないでしょう。カタログギフトを贈る際に、ありがとうのメッセージカードや赤ちゃんの写真を添えると言った配慮も必要ですね。

両親への出産祝いのお返しに関するマナー

ご両親への出産祝いのお返しを用意する際に知っておきたいマナーとは何でしょうか?まず、お返しの時期ですがその他の方と同様に赤ちゃんんが生まれてから1か月後くらいが目安となります。ばたばたしていて遅くなったとしても2か月以内にはお返ししたいものですね。

そして、予算ですが、一般的なマナーに則って商品を選ぶとなるといただいた金額の3分の1程度のものをお返しすることになります。5万円のお祝いなら15000円程度のご両親への出産祝いのお返しが金額の目安。このくらい大きい金額でお返しするならカタログギフトなんかが良いですね。祖父母世代だと、必要なものは一式ご自宅にそろえているので、グルメなどのカタログギフトが喜ばれるかと思いますよ。

また、「お返しは不要」、「その分で孫に必要なものを買ってね」というご両親の場合には、厳密に3分の1返しを実行するよりも、おっしゃる通りにお祝いで赤ちゃんに必要なものを購入させていただき、後できちんと報告を入れる方が喜ばれることもあります。その場合には、いただいたお祝いでおむつなどの消耗品を購入するのではなく、ベビーカーやベビーベッドなど、形に残り赤ちゃんもパパママも長く愛用できるグッズを購入させていただくのがマナーですよ。

また、いくらお返しは不要と言われても、気持ち程度には用意しましょうね。赤ちゃんの写真やイラスト入りグッズ、名入れアイテムなどは用意しても数千円のもの。お祝いの大半はお言葉に甘えさせていただいて、赤ちゃんの用品購入に充てたとしてもお礼のお手紙にこれら記念マグカップなどを添えて・・・というくらいの心遣いはしましょう。

両親や義父母への出産内祝いに関するマナー

親内祝い出産の際に人気のギフトをご紹介します。基本的に、内祝いでは、ハムやソーセージ、お菓子などの食料品、もしくはタオルや食器などといった日用品をお返しするのが定番です。

その中でも人気があるのは、お菓子です。お菓子は、人によって好き嫌いがあることが少なく、誰に贈っても喜んでいただけることが多いため、安心して贈ることができる点が人気の理由になっています。特に親内祝い出産の時には、ご両親の好きな食べ物やお菓子などはご存知の場合も多いでしょうから、ご両親の好きな食べ物を選んでお返しするのもおすすめです。

また、最近では、レストランや陶芸などを楽しむ「体験型ギフト」も人気です。「体験型ギフト」は、相手の趣味などをよく知っている場合にはおすすめです。また、実際の品物ではなく、カタログギフトを贈るのも人気です。カタログギフトは、品物がカタログ形式で並べられているもので、受け取った方はその中から自分の好きな品物を自由に選んで注文することができます。カタログギフトは、価格帯に応じて種類が多様に取り揃えられていて、食品から日用品まで品数も豊富です。ですから、カタログギフトでは頂いた品物の「半返し」をする際にも選びやすくなっています。

出産祝いのお返しを贈らないのは非常識?

親戚や友人・知人の中に出産をした人がいるのを知った時には、無事に出産をされたことをお祝いしてお祝いのお金や品物を贈るのが日本ではならわしになっています。

昔から出産は、何が起こるかわからないという命がけの一大事であったことから、母子ともに健全にお産が済んだら、それはたいへんおめでたいことでした。両親はもちろんのこと、父親・母親それぞれの両親(赤ちゃんの祖父母)や親戚にとっても子孫繁栄は嬉しいことです。心から喜んでお祝いをしてくださった方々に、無事に出産したことの報告や、新しく家族に加わった赤ちゃんについての紹介などのためにもお返しをするのが良いでしょう。

「出産祝いのお返しもしない」というのでは、せっかくのお祝いをありがたく思っていないようで失礼です。「出産祝いのお返しもしない」というのは、そういった観点からも非常識ではないでしょうか。お祝いを送られた方はお返しが無いのは、ちゃんと届かなかったからだろうかと心配することになります。お祝いをして下さる方を不安にさせるのは非常識な態度です。有りがたくお祝いを頂戴しました。生まれたこどもの名前はのしに書かれた通りです。と言ったお返しがあるのが正しい冠婚葬祭のマナーでしょう。一方通行では失礼です。

お返しにはカタログギフトなどを利用すれば、便利です。またカタログギフトにはいろいろな品物があるので貰った方にも便利です。

出産祝いのお返し(内祝い)をいらないと言われたら?

赤ちゃんが生まれて、お祝いをいただいたらお返しをするのが、冠婚葬祭の上での正しいマナーだとされています。もし出産内祝い(お返し)をいらないと言われても、それはありきたりのものでは、不要なものが増えるだけでいらないという意味かもしれません。

また忙しい新米のパパ・ママをわずらわせたくないという親切な気持かもしれません。そんな方には言葉のままを受け取って「出産祝いのお返しもしない」というのは、甘えすぎということもあります。日本では何度か固辞してから受け取るという文化もあるので、「出産祝いのお返しもしない」のではなく、不要な物ではなく、必要なものを選ぶことができるカタログギフトをお返しするという方法が良いでしょう。

カタログギフトに「内祝」ののしをつけて赤ちゃんの名前を書いて送ることができます。新しく家族に加わった赤ちゃんの紹介にもなります。のしに書かれた赤ちゃんの名前を見れば名前に使われた字もわかって、より親近感を感じていただけることでしょう。地方によってはお祝いされっぱなしでお返しをしないでいることを片祝いと言って嫌います。きちんと内祝いをすることで「片祝いになるから縁起が悪い」といった感覚を持たれることもありません。

出産祝いのお返し失礼のないマナー

妊娠がわかってからは、女の一大事と言われる出産が無事に済みますようにと、たくさんの人が案じて安産を願ってくれます。そして、出産したと聞くと安堵してお祝いをしてくださいます。そういった心からのお祝いに対して「出産祝いのお返しもしない」というのでは、日本の冠婚葬祭のマナーとしては失格です。面倒なことであっても、きちんとお付き合いの上でしなくてはならないことをすることが人間関係を円滑に進めて行くうえで大事なことなのです。昔からのしきたりというものは、それなりに意味があっておこなわれてきたのです。

出産のお祝いをいただいたら、その金額に見合ったお返しをしてこそマナーにかなっています。年配の方はお返しがないと、自分が送ったお祝いが届いていないのではないかと心配されます。

また「出産祝いのお返しもしない」ということは、片祝いとして縁起が悪いという地方もあります。無事な出産を心から祝っていただいたことに感謝して、そのお礼にカタログギフトを送るのも良い方法です。きちんとのしをつけて、赤ちゃんの名前を書くことで新しい家族の紹介にもなります。カタログギフトであれば、お返しをいただいた方も自分の好みの品物を選ぶことができるので便利です。

沖縄の出産内祝い(お返し)に関するマナー

沖縄内祝いお返しでのマナーは何かあるのでしょうか?お返しをするからには失礼なことはしたくありませんね。多くの方が悩まれているのがマナーも内地と沖縄で違うのだろうか、という点のようです。

相場については前述のとおりケース・バイ・ケースのようですが、確認を取りたいのが渡し方についてです。あまり発送に頼らず、お返しは持参して手渡しでという形が多いという声もあります。この辺りはご自身のパートナー、その親戚の方などに聞いて確認をとったほうが良いでしょう。もしも手渡しの場合はカタログギフトは使えないだろうか、と言うとそんなことはありません。手渡しにするべきならば、ご挨拶と共にカタログギフトのカタログと説明をすれば問題はないでしょう。

また、沖縄内祝いお返しはしなくてもいいと旦那様に言われ、本当にそうすべきなのかどうかを悩んでいる奥様もいらっしゃるようです。この場合でも、やはりお返しはしたほうがいいでしょう。人間心理として、自分の行為に対しては何らかのリアクションが欲しいものですから。本当にお返しをしないでいたら陰口を言われていた、と言う話もあります。いずれにせよ、めでたい時に祝ってくれる方です。大切に扱ったほうが良いでしょう。

出産祝いのお返し・出産内祝いの知らないでは済まされない常識

出産祝いのお返し・内祝いは、あなたの出産をお祝いしてくれる気持ちに対する感謝を込めて贈るものです。ですから勿論のしをつけて、礼状やメッセージカードを添えたり、近くにお住まいの方なら赤ちゃんの顔を見せがてら直接会って渡すのが一番です。

のしも礼状も付けない状態の品物を渡すなんてことは決してあってはいけないことです。カタログギフトなどの冊子であっても、必ず包装してのしを掛けて渡さなくてはいけません。その時には蝶結びの水引ののし紙を使います。この蝶結びは、何度も繰り返していい祝い事に使われるものです。そしてのしの上段には出産内祝、内祝と書き、下段に子どもの名前を書きます。読み方が難しい時にはふりがなもふっておくほうが良いですね。

また出産祝いのお返し・内祝いで非常識だと思われてしまうお返しに、高額すぎるお返しがあります。いくら感謝の気持ちを伝えたいからとっていも、頂いたものよりはるかに高いお返しでは逆に相手に対して失礼になってしまうということを忘れてはいけません。特にこういった厚いお返しは年配の方に嫌がられる傾向にありますので、常識的なお返しを用意することが大切です。カタログギフトでしたら金額別に販売していますので、頂いたお祝いに対して適切な額のお返しを用意することができますね。

出産祝いを品物で頂いた場合のお返しに関するマナー

出産祝いを品物で頂いた場合のお返しに関するマナーについてご紹介します。出産内祝いは、赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれた親や兄弟、姉妹、親戚、友達などへのお返しです。

内祝いでは、出産お祝いをいただいた方に感謝の気持ちを込めて贈ることになります。友達からお祝いを頂いていなくてもマタニティ用品やベビー用品などを譲ってくださる場合もありますので感謝の気持ちを込めて出産の内祝いを贈ってもよいでしょう。

お祝い返しは「半返し」が主流だったため、いただいた金額の半分を目安にお返しをするものだとされています。お祝いに頂いた金額が高い場合は、3割弱くらいです。また頂いたお祝いの金額が低い場合は3割強が一般的なものだといえます。

マナーとして知っておきたい出産の内祝いを贈る時期は、赤ちゃんの生後1ヶ月のお宮参りくらいまでに行うのが一般的です。しかし、出産後の体調にあわせて遅くても赤ちゃんの生後2ヶ月くらいまでに贈るようにしたほうが良いでしょう。

友人への出産祝い物お返しを考える場合は、贈る方の好みに応じて品物をチョイスすると良いでしょう。もしも、食品を贈る場合は、日持ちのするものや食べきれるものにしましょう。カップルや既婚者の方へ贈る場合は、お揃いで使えるグラスやコップなどのペアアイテムなども人気です。実用的に使えるものや、普段は自分で買わないようなものが喜ばれるようです。どうしても品物が決まらない場合は、出産祝い物お返しとしてカタログギフトがおすすめです。カタログギフトは様々な商品がありますので迷わずチョイスすることができるでしょう。

子供が生まれた喜びをこめて贈る出産内祝い、本来の意味

「子供が生まれた喜びをこめて贈る出産内祝い、本来の意味」とは何でしょうか?現代では出産のお祝いをいただいた方にお返しすることを内祝いとしていますが、本来の意味は違っていました。それは村落などの集団生活の中で、新たにその集団の一員となる新しい命の誕生を皆にお披露目するという目的のために、内祝いの品を手渡したことが始まりです。従って、お祝いをいただいたからお返しをするというのではなく、むしろ新しい命の誕生を知らせるという自発的なものです。

内祝いを受け取った人は、新しく仲間が増えたことを喜び、その名前などを知ってその集団のさらなる繁栄を喜んだのです。現代では、そういった意味合いからは少し違っていますが、新しい命の誕生を喜び、祝うということに変わりはありません。

出産の後、一か月ほどが経過したらその間にいただいた出産祝いへのお返しをしましょう。インターネットなどで「子供内祝い」という検索ワードで検索すれば、さまざまな情報が得られます。また、カタログギフトを利用すれば、「子供内祝い」にふさわしい品がたくさん掲載されています。内祝いの好適品が選びやすいカタログギフトは、赤ちゃんの紹介にもぴったりです。

出産内祝いに食品を贈る場合のマナー

出産内祝いの食品ギフトを送る場合はきちんとマナーをわきまえることも大切です。

配送する場合、相手が必ずしもすぐ受け取れるとは限りません。いくら美味しいものを送ったとしても配送の受け取りのタイミングを逃した結果、送った食べ物が傷んでいたり、賞味期限が過ぎてしまったなんてことになったらかなり残念です。このため賞味期限の短い食品はお返しには向きません。日持ちするものを選ぶことをおすすめします。

あとは相手の嫌いな食べ物を選ばないことも大切です。アレルギーがある人もいますから、アレルギー持ちの方へ送る食品にも注意する必要があるでしょう。せっかくの出産内祝いの食品ギフトを送って喜んでもらおうと思っても、これらのマナーが守れていなかったら、お返しをしたとしてもただの嫌がらせになってしまいますからね。

そのようなポイントに一人一人配慮できないという方はカタログギフトを利用されるのもおすすめです。カタログギフトであれば、送ったお相手が自分の好きな食品を選ぶことができますから、先ほどあげたようなマナー違反を起こす危険を防ぐことができます。掲載されている食品のジャンルも豊富ですから、ほぼ間違いなく好みの食品を見つけていただくことができるはずです。

上司への出産内祝いの正しい渡し方

上司への出産内祝いの正しい渡し方とは、自宅に送ることです。

職場で顔を毎日会わせる上司の方に対しては、いつでも渡せる分、タイミングや渡し方で迷ってしまうかもしれませんが、仕事帰りに手荷物を持って帰ることになる上司の身になって考えてみればわかることだと思います。職場では、お礼の言葉とお返しにカタログギフトを送らせていただくことを伝えておきましょう。

ただし、上司の方の中には「出産祝いをしてやったことを他の部下に知られたくない」と思っている方もいらっしゃるそうです。他の部下の時にも同じような対応をせざるを得なくならなくなり、その費用は上司本人のポケットマネーです。「お礼を言ったつもりが迷惑をかける結果になった」ということがないように、お礼を言う時は人目を気にしましょう。

自宅に送ると言うと郵送が思い浮かびますが、自分で上司の家を訪ねて行き手渡すと言う方法もあります。そういったことを迷惑に思われる方もいらっしゃいますので、相手の感覚に合わせるべきでしょう。無難な選択肢としては、やはり郵送となりますね。上司への出産内祝いのお返しにカタログギフトを選べば職場で渡してもそれほどかさばらないかもしれません。ですが、前述のとおりあまり周りに知られたくないでしょうし、自宅に届けるようにしましょう。

上司への出産内祝いの正しい渡し方

「上司への出産内祝いの正しい渡し方」について紹介いたします。上司から出産のお祝いを頂いた場合にはお返しの品物を用意しますが、上司の出産祝いへの内祝いのお返しの品物の正しい渡し方はどのようにすればよいのでしょうか。

上司の出産祝いへの内祝いのお返しの品物は上司の自宅へ郵送で贈ったほうが良いでしょう。会社内で渡す場合は手荷物となってしまいますし、上司のポケットマネーでお祝いをだしてくれた場合は、社内に同じように出産のお祝いを貰っていない人もいる場合もありますので上司の顔をつぶさないためにもお礼の言葉は直接、上司に伝えるようにしてお祝いのお返しの品物はお礼状を添えてご自宅に送るようにしたほうが社会人としてのマナーがあるといえるでしょう。

お祝いのお返しの品物は上司の趣味や嗜好品がわかれば趣味にあった品物を選んでもよいでしょう。その他にも高級なタオルギフトや洋菓子などのスイーツセット、コーヒーや紅茶のギフトセット、お酒が好きな方の場合はビールのギフトセットやワイングラスやタンブラーなどがあります。上司の方の好みがわからない場合はカタログギフトなどを選んでも良いでしょう。品物よりもグルメのカタログギフトのほうが好きな食べ物を選ぶことができますのでおすすめです。

出産内祝いとは?マナーや常識

出産内祝いとは本来、赤ちゃんが生まれた喜びをこめて、また赤ちゃんの名前のお披露目をかねて、親戚や友人に贈るものでした。そのため、お祝いをいただいていなくても贈ることがありました。しかし現代の出産内祝いとは、出産祝いに対するお返しと考えられています。

マナーとしては、出産のお祝いを郵送などで頂いた場合には、まず電話やメールでお礼を必ず伝えてから、内祝いをおくるようにしてください。いきなり送りつけるのはマナー違反です。常識的には頂いた金額の1/3~1/2の範囲でお返しするようにしましょう。郵送でお祝いをいただいた時には相手の住所をメモするのを忘れないようにしてくださいね。

時期としてはお宮参りが終わるころ、つまり生後30日ごろを目安に贈るように手配してください。最近はネットで簡単に手配できますが、相手に届くまでには1週間以上かかることも多いので、はやめに申し込みましょう。

また贈り漏れがないように、贈り先やスケジュールを管理するようにしましょう。相手の方が好きなものを選んでいただけるので最近ではカタログギフトも人気ですね。ただ、相手が年配の方ですとカタログギフトは申し込みなどの手続きに戸惑うかもしれませんので注意が必要です。産後の慣れない育児の中、内祝いを選ぶのは大変かもしれませんので、妊娠中から目安をつけておくといいですね。

出産後、内祝いを贈る正しい時期やマナー

赤ちゃんが無事に産まれて、かわいい赤ちゃんとの生活がスタートすると、お腹に居る時と違って赤ちゃんを中心にした忙しい日々になります。いろいろなことが後回しになってしまいがちですが、冠婚葬祭のお付き合いはきちんとしなくてはいけません。

出産に際して多くの方にいただいたお祝いがあるので、そのお祝いに感謝するとともにお返しをします。赤ちゃんが生まれてどのくらいの時期に「出産後の内祝い」のお返しをするのが良いのかについては、ある程度のマナーがあります。初めての出産で、そういった時期について知らなくて、その後の人間関係がぎくしゃくするという話もあるので、ちょっとしたことで一般的なマナーから外れないように気をつけましょう。

「出産後の内祝い」の品をお返しする時期は、赤ちゃんが生まれて一か月くらいとされています。ちょうどお宮参りの頃なので、お宮参りが済んだらお返しをします。

カタログギフトなどを利用すると、「出産後の内祝い」に最適な品がたくさん掲載されているので、忙しい産後にお返しの品選びに時間を取られずに済みます。また、カタログギフトをお返しの品にすれば、お好みの品を選んでいただくこともできるので喜ばれます。

両親から出産祝いを貰った場合の内祝いはどうする?

両親から出産内祝いを貰った場合にも、必ず出産祝の内祝を贈るようにしたほうが良いと思います。お返しの意味が強い出産祝の内祝ですが、本来は家庭に起きた幸福を近しい人と喜び合うという意味で贈られていたものです。

お祝いを頂く前に内祝いは贈るものであって、お返しの意味ではありませんでした。本来の意味から考えると、両親を始め兄弟や親せきなど、近い存在こそ幸福を分かち合うべき相手なので、特に内祝いを贈る必要があるのではないかと思います。

両親からは品物というよりも、現金でお祝いを貰うことが多いのではないでしょうか。金額が大きい場合は、だいたい1万円から2万円程度のものを贈ると良いと思います。

おすすめなのはカタログギフトです。数万円のコースのカタログだと、高級感のあるブランド品や普段口にしないような贅沢な食品が数多く掲載されています。両親だからこそ、本当に必要なものや欲しいものを贈りたいと考える方も多いと思います。通販のカタログギフトであれば、贈る手続きがかなり簡単ですし、送料も包装も無料なので、品物そのものにお金をかけることができます。両親と一緒に送られてきたカタログを見て、どれを注文しようか悩むのも楽しいと思います。

赤ちゃんの初節句に羽子板を頂いた際のお返し

初正月の意味をご存知でしょうか?見た通りなのですが赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月のことを指します。

昔は初めてお正月を迎えるとそれで1歳とする数え年が浸透しており、この初めて赤ちゃんが1歳になる意味深い日に、破魔弓や羽子板を贈るという習慣があったんですよね。この江戸時代から続く習慣が今でも残っている家、地域がありその文化を知らなかったママにしたら、急に破魔弓や羽子板が届いてビックリということもあるかもしれません。男と子には破魔弓を贈り、「健やかにたくましい成長」を。女の子には羽子板を贈り「病気にかからないように」と願いを込めてくれているのです。これらは誰が買うの?と言うと、多くのご家庭では祖父母がお祝いに買ってくれているようですね。物によっては、ガラスのケースに入った高級な代物もあり、気持ちはとっても嬉しいもののお返しはしなくてもいいのかな?と、ちょっと赤ちゃんお返しが気になることも。

では、祖父母からいただいたこれらの品、赤ちゃんお返しは何を用意すれば良いでしょうか?調べてみたところ、結果からお伝えすると何もお返しを用意しなくてOKだそうです。出産祝いなどには内祝いをお返ししますが、この羽子板はありがたく頂戴しましょう。

しかし、こんなに良くしてもらって何もお返ししないわけには・・・と気になるママや、ご主人の両親からいただききちんとお返しを用意したいというママは、内祝いを用意してもOKです。内祝いといってもそれほど高価なものではなく、感謝の気持ちを表すくらいのことで気軽に考えましょう。タオルやカタログギフトの手ごろなものを選んでも良いですね。祖父母なら、カタログギフトから欲しい商品を選ぶ時間もまた喜んでくれるのではないでしょうか?

出産内祝いの品物選びに関するマナー

出産祝いをいただいたら考える出産内祝いの品物についてですが、時期は一か月のお宮参りを目安に、金額はいただいたものの1/3~半額をお返しします。あまり遅い時期に贈るのはマナー違反ですので、できれば落ち着いてカタログを見ることができる出産前にある程度の検討をつけておくとよいでしょう。

また、いただいたお祝いの金額を超えるような高額のお返しもマナー違反です。いただいたお祝いの金額と贈り先の好みを考慮して出産内祝いの品物を選びましょう。好みが分からない場合はカタログギフトを選ぶのも良いでしょう。カタログギフトといっても会社によって品数や内容が異なりますので食べ物が多いものや男性・女性向け、体験サービスが多いものなど住んでいる地域や年代・性別などに合わせて選ぶとよいでしょう。

名入れをする場合は捨てづらいという意見の多いタオルなど後に残るものではなく、食品など無くなるものにする方が無難です。

本来は子どものお披露目を兼ねて手渡しするのが良いですが、遠方だったりタイミングが合わないこともありますので、郵送することも多いです。その場合は赤ちゃんの写真入りメッセージカードなどを添えるなどの工夫をすると良いですね。

出産祝いのお返しの品としておすすめの物や避けた方がいい物

「出産祝いのお返しの品としておすすめの物や避けた方がいい物」についてご紹介いたします。

赤ちゃんが産まれて出産のお祝いを頂いたら出産祝いのお返しを贈りますが、どのような品物が出産祝いのお返しのにおすすめの品物なのでしょうか。

出産祝いのお返しにおすすめの品物は、浅草今半の牛肉佃煮詰合せAがあります。価格は税込みで5,400円です。牛肉すきやきをやごぼうやまいたけ、れんこんといったさまざまな素材の牛肉佃煮がはいっています。白いご飯を食べたくなるセットです。内容量は、牛肉すきやき・牛肉そぼろ・牛肉やわらか煮各60g、牛肉ごぼう・牛肉まいたけ・牛肉れんこん・牛肉しめじ各55gです。

それから、菊太屋米穀店お米で赤ちゃんなどもおすすめの品物です。価格は税込みで5,400円です。新潟県のブランド米である「魚沼産こしひかり」がはいっていて赤ちゃんの産まれた体重と同じ分量を贈ることができます。またラベルには赤ちゃんの名前や生年月日、体重などを表記することができます。カタログギフトななどもお返しの品物としておすすめなのでカタログギフトなどをセレクトしても良いでしょう。

逆に出産祝いのお返しの品物で避けたほうがよいものは、刃物やお茶などのアイテムです。刃物は、縁を切ることを思い浮かべてしまう事もありますのでお祝い事などには向かないとされています。装飾品なども好みがありますので好みが分からない場合は避けておいたほうが良いでしょう。

出産祝いのお返しの品を選ぶ際のマナーや常識

「出産祝いのお返しの品を選ぶ際のマナーや常識」についてご紹介いたします。出産祝いを贈る際には赤ちゃんが産まれてから一ヶ月から二ヶ月以内までには贈るようにしたほうが良いでしょう。

産後の体調の回復などは個人によっても違いますので、外出することが難しいのであれば前もってカタログなどで出産祝いのお返しの品物を選んでおいてもよいですし、インターネットサイトなどを利用して注文しても良いでしょう。また自分で買いにいくことが難しい場合は家族などに依頼しても良いでしょう。

もしも、お祝いのお返しの品物を贈ることが遅くなってしまった場合はお詫びの言葉も一緒に添えておくるようにしましょう。出産内祝いの場合は、紅白の5本の水引きをつかいます。蝶結びの水引きで表書きは内祝として水引きの下部には産まれた赤ちゃんの名前を書きます。出産内祝いの品物を選ぶ際には頂いたお祝いの半返し程度の品物をおくるようにマナーに気をつけましょう。

お祝いのお返しの品物はカタログギフトやタオルギフト、スイーツなどのギフトセットを選びますが、カタログギフトもお返しの品物として人気のアイテムなので贈るアイテムを選ぶときにまよってしまって決められない場合は、カタログギフトをセレクトしても良いでしょう。

出産内祝いやお返しの品物選びに関するマナー

「出産内祝いやお返しの品物選びに関するマナー」についてですが、できるだけ重なっても良いようなタオル類などの品や食品などの場合には賞味期限が長めのインスタントコーヒーや紅茶などを選ぶと良いでしょう。

せっかくのお返しですから、出産内祝いやお返しの品物を受け取った人が喜んでくれるような品選びは重要です。お祝いごとは、本来みんなが笑顔になれるようなことなのですから、自己満足で終ることが無いように、先さまが喜んでいただけるような品選びを心がけましょう。

お返しの内祝いを送る時期は、赤ちゃんが生まれてから一か月ほどで、ちょうどお宮参りをする頃です。あまり遅れないようにお返しを送るのが冠婚葬祭上のマナーです。お祝いをして下さった方は、お返しの内祝いが届くのを心待ちにしてくれています。「のし」に書かれた赤ちゃんの名前はどんなだろうか?と楽しみにしています。お宮参りも済んだだろうという頃になっても「出産祝いの品物のお返し」が届かなければ、母子に何か問題でもあったのだろうかと心配をします。

「出産祝いの品物のお返し」にはカタログギフトを利用すると便利です。カタログギフトには内祝いの品として最適なものがいろいろあるので安心して選ぶことができます。

出産・育児に役立つサンプルや無料プレゼント情報

「出産・育児に役立つサンプルや無料プレゼント情報」についてご紹介します。出産したときの無料プレゼントやサンプルは、最近では色々なものがあります。例えば「赤すぐ」に掲載された無料サンプルをもらえたり、モニターの応募ができます。

出産したときの無料プレゼントの情報ですが、和光堂などでは、出産などに役に立つセットなどが送料も価格も無料でもらえます。プレゼントは、妊娠8ヶ月以降のかたで無料の会員登録をしている方が対象です。プレゼントのセットの内容は、申し込みをされた月によって違います。また出産祝いプレゼントとして毎月抽選で100名の方がプレゼントにあたるサービスもおこなっています。

またアカチャンホンポでは、プレママ限定で便利なプレママセットをプレゼントしています。アカチャンホンポの無料メンバー登録をしたプレママは全員もらえますので登録しておくとよいでしょう。メンバー登録は年会費も登録料もかかりませんし、出産や育児などに役に立つ情報誌やベビーグッズの無料サンプルなどをもらえます。アカチャンホンポなどには、カタログギフトもおいてありますので出産祝いを頂いた場合にお返しとしてカタログギフトを選んでもよいでしょう。その他にも色々なお返しの商品がありますので参考にしてみると良いでしょう。

出産準備品無料プレゼント情報

「出産準備品無料プレゼント情報」についてご紹介します。

赤ちゃんを出産するために、色々な商品やグッズを準備しますが、出産準備品の無料プレゼントなどは色々なメーカーで取り扱っています。出産したときの無料プレゼントはどのようなものがあるのかというと、たとえば紙おむつのネピアGenki!では、アンパンマンのポイントを集めるともれなくプレゼントがもらえたり抽選でプレゼントがもらえます。プレゼントは、毎月200名に抽選でサンプルをプレゼントしています。

その他にもエリエールのGOO.Nでは、かならずもらえるプレゼントやキャンペーンなどを行っていますので定期的にチェックしておくとよいでしょう。ユニ・チャームのムーニーでは、ホームページに初めての育児に役立つ子育ての情報や成長にあわせた紙おむつの選び方などが掲載されています。

プレママタウンに入会した場合は、全員にムーニーオリジナルのサンプルセットがプレゼントされますので入会してみてもよいでしょう。和光堂は、離乳食などを作っているメーカーですが、子育て中のお母さんや妊婦さん、介護に関係した役に立つ情報などがホームページに掲載されています。離乳食やベビーフード、粉ミルクやスキンケアについても色々と掲載されていますので参考にすると良いでしょう。

出産したときの無料プレゼントは、育児にはとても役に立ちますので色々とチェックして登録すればかしこくサンプル品なども手に入れることができます。出産祝いを頂いたときのお返し贈る際の参考になる情報なども赤ちゃん関係のメーカのホームページに掲載されていることがあります。

出産祝いのお返しにカタログギフトを選んだりする場合もありますし、カタログギフト以外のおすすめの品物なども情報として掲載されています。また、お返しのマナーなどの情報も得る事ができますので色々とみてみることをおすすめします。

サンプルや試供品がもらえる出産準備品無料プレゼント情報

「サンプルや試供品がもらえる出産準備品無料プレゼント情報」についてご紹介します。

出産したときの無料プレゼントは、プレママにとってとても便利なものです。色々な試供品などを試してみて赤ちゃんにあった商品を選びたいというものが、ママの一番の気持ちでしょう。

出産したときの無料プレゼントは、色々な赤ちゃんの商品を出しているメーカーさんで行っています。例えばおむつのメーカーもありますし、離乳食やベビーフードなどを作っているメーカーなども試供品サンプルを色々と出しています。たとえば森永乳業では、妊娠や育児の情報をホームページ「はぐくみ」に掲載しています。

離乳食のメニューなどは、プレママにはとても参考になりますし月齢ごとの育児の悩みや赤ちゃんの成長度合いなどを色々と知ることができます。「はぐぐみ」のメールマガジンに登録をすると「Eお母さん」の試供品サンプルがもられます。また無料モニターを募集していますので色々なキャンペーンをチェックしておくと良いでしょう。

その他にも株式会社明治が提供している「ほほえみクラブ」などもあります。メールマガジンに登録をすると明治ビオママサンプルとプレママカレンダーがもらえますので登録してみると良いでしょう。

出産祝いを頂いたときには、お返しとして商品券や品物、カタログギフトなどを選びます。どのようなお返しを選んだら良いのか、お返しの金額の目安やおすすめのカタログギフトや品物なども紹介されている場合がありますので育児情報サイトなどを色々とチェックしてみても良いでしょう。

出産内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
出産内祝い マナー一覧
出産内祝いの熨斗。熨斗なしの出産祝いへのお返しや、短冊熨斗について。
出産内祝いのお礼状やメッセージカード!連名のお祝いへの対処や、面識のない方への対処。
ご友人様への出産内祝い。まとめて頂いたお祝いに対してや、他のものと合わせたお祝いへのお返し。お薦めの品物。
出産内祝いの一般的な金額。相場以上のお祝いを頂いた場合と、お返しへの金額がもし相場に満たなかった場合の対処について。
ご親族様への出産内祝い。贈るのが遅れている中、葬儀でお会いした場合。実家から既にお返しをしていた場合。
出産内祝いで商品券を贈る場合。2つの品を一緒に贈る場合や、上司に贈る場合。商品券を贈るメリット。
出産内祝いにお米ギフト。お米ともう一品を贈る場合や、自家栽培のお米を贈る場合について。
出産内祝いを贈る時期について。内祝いが2つある際に贈るタイミングや、贈るのにお盆や忌中を避けた方が良い理由。
出産内祝いの名前に関することについて。不妊治療中の贈り先様への心遣いや、熨斗の名前について。お薦めの名前入りギフト。
お悩み解決接客ブログ
産後忙しく、お返しを考える時間が持てない方必見です!
成功事例・体験談
すでに「出産内祝いの選び方についての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「出産内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
体験ストーリー「兄への感謝の気持ちからつながる未来への想い」
体験ストーリー「一大決心の妹を傍で応援する私が贈った内祝い」
体験ストーリー「素敵な贈り物のヒミツ」
体験ストーリー「兄が大好きな妹」
体験ストーリー「こころのトゲが消えるとき」
体験ストーリー「贈り物で思い出の味を」
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求


  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト