カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 出産内祝い > 出産内祝いのマナー > ご親族様への出産内祝い。贈るのが遅れている中、葬儀でお会いした場合。実家から既にお返しをしていた場合。

ご親族様への出産内祝い。贈るのが遅れている中、葬儀でお会いした場合。実家から既にお返しをしていた場合。




ご親族様への出産内祝いについては、以下のようなお悩みが多いのです
「親族への出産内祝いの相場はいくらぐらいなんだろう?」
「両親が既に親族への内祝いを贈っていたら、自分たちは内祝いを贈らなくてもいいの?」

自分の幼い頃からの親しくしている、ご親族様がいらっしゃる方も多いですよね。
また、血縁の親族ではなくとも、義理の親族への関係も大切にしていきたいと思っていられる方々がほとんどではないでしょうか?

今回の記事ではご親族様への出産内祝いについての、ご紹介をしていきます。


1.出産祝いを渡す前に親族で不幸があった場合。
体調が関係して内祝いが遅れたことは、仕方がないことですのでお詫びのお言葉を、お伝えしておいても良いかとおもわれます。
2人分の出産に対してまとめてお祝いを頂いたのなら、お返しもまとめて贈られても良いかと思われます。
個別の場合は、個別で用意したほうが無難で良いかと思います。
2.出産内祝いを実家から既に贈られていた場合。出産をされたご本人たちからの再度の内祝いは、贈らなくても良いかと思われます。
内祝いの品物の金額を少しプラスしたものでも、内祝いとは別にベビー服へのお礼を用意するのでも、どちらも失礼ではないと思われますので、質問者様の用意しやすい方法で良いかと思われます。
また、ベビー服の分のお礼は、金額で言えば1,000~2,000円程度のもので良いと思います。
3.ご親族様への出産内祝いについて。
ご親族様への出産内祝いを贈る金額の目安は基本的に内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。
ですが、御家族やご親族のお祝いは比較的金額が大きいことや、今後もお付き合いが、永く続いていくので、他の方に返す割合より低くされています。1/3以下のお返しも多く見受けられます。
4.すでに「ご親族様への出産内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.出産祝いを渡す前に親族で不幸があった場合。
体調が関係して内祝いが遅れたことは、仕方がないことですのでお詫びのお言葉はお伝えしておいても良いかとおもわれます。



  • 強いて言うのならば、遅れるなあと思った時点で、親戚の方々にはそのことへのご連絡を差し上げるのが、お薦めだったかと思われます。
  • 葬儀の際が、出産後に親戚の方々に直接会う最初の機会とのことでしたら、その際に内祝いへのお詫びのお言葉をお伝えすること自体は、大丈夫かとは思われます。
  • その際に、きちんとお祝いを頂いたことへのお礼の気持ちと、喪中明けに内祝いをお贈りすることをお伝えするのが良いかと思われます。
お客様のお悩み

出産内祝いを贈る直前に親族に不幸があり、葬儀で顔を合わせることになりました。その際、内祝いが遅れている、再度遅れることをお伝えするのは、失礼ではないでしょうか?

 3ヶ月前に出産を終えられた、女性Fさんからのご相談です。
Fさんは3か月前に出産を終えたものの、体調不良の関係で実家への里帰り期間が長引いたそうです。
その関係で、直接お会いしてお渡ししようと思っていた、旦那さん側のご親族様方々への出産内祝いを贈るのが遅れていたそうです。
そして内祝いを渡しに行こうとしていた頃に、旦那様のお祖母様がお亡くなりになったとのこと。
そのことがあり、次に直接会う機会が葬儀になってしまったそうです。
この際の出産内祝いについて、疑問があるそうです。

葬儀の際に、自分の里帰りと喪中の関係で、内祝いを贈るのが遅れてしまっていることへのお詫びをするのは、失礼でしょうか?

 3ヶ月前に出産を終えたものの、体調が芳しくなく実家への里帰りの期間がかなり長くなってしまいました。

その関係で、直接お会いして渡そうと思っていた夫の親族への、出産内祝いを贈る時期が遅くなってしまいました。

そして、いざ渡しに行こうと思った頃に、夫の祖母が亡くなったとのお知らせが入りました。
なので、次に夫の親戚の方々に直接会うのが夫の祖母の葬儀の際になります。

内祝い自体は改めて喪中が明けてから、お渡したいとは考えています。

ですがこの葬儀でお会いした際に、里帰りの関係で出産内祝いを贈るのが、かなり遅れてしまったことへのお詫びと、喪中が明けてからお渡しするとのことをお伝えするのは失礼でしょうか?


お悩みへの回答

体調が関係して内祝いが遅れたことは、仕方がないことですのでお詫びのお言葉はお伝えしておいても良いかとおもわれます。

体調が関係して内祝いが遅れたことは、仕方がないことです。
なのでお詫びのお言葉はお伝えしておいても、良いかとおもわれます。
その際に喪中明けに贈ることも伝えておくのが良いでしょう。

 こういった場合、内祝いが遅れてしまった理由が、質問者様のご体調のためとのことですので、遅れてしまったこと自体は、致し方がないことかと思います。

ですが、強いて言うのならば、遅れるなあと思った時点で、親戚の方々にはそのことへのご連絡を差し上げるのが、お薦めだったかと思われます。

葬儀の際が、出産後に親戚の方々に直接会う最初の機会とのことでしたら、その際に内祝いへのお詫びのお言葉をお伝えすること自体は、大丈夫かとは思われますよ。

そのまま内祝いについては触れずに、放っておいても、中にはマナーに対してだらしがないと思われる方もいらっしゃるかもしれない怖れがあります。

ですので自分から最初に切り出して事情をお話すれば、体調に関係することでしたので、親戚の方々も納得はしてくれると思われますし、質問者様自身も、気持ち的に余裕ができるかと思いますので、それについては良いかと思います。

その際に、きちんとお祝いを頂いたことへのお礼の気持ちと、喪中明けに内祝いをお贈りすることをお伝えするのが良いかと思われますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 強いて言うのならば、遅れるなあと思った時点で、親戚の方々にはそのことへのご連絡を差し上げるのが、お薦めだったかと思われます。
  • 葬儀の際が、出産後に親戚の方々に直接会う最初の機会とのことでしたら、その際に内祝いへのお詫びのお言葉をお伝えすること自体は、大丈夫かとは思われます。
  • その際に、きちんとお祝いを頂いたことへのお礼の気持ちと、喪中明けに内祝いをお贈りすることをお伝えするのが良いかと思われます。


ですね!!




出産内祝いを実家から既に贈られていた場合。
出産をされたご本人たちからの再度の内祝いは、贈らなくても良いかと思われます。



  • 品物の内祝いはもう贈らないほうが良いかとは思われます。
  • 贈り先様の叔母様の立場に立ってみると、2重でお返しがくることによって、さらにお祝いしなくちゃと気を遣わせてしまう可能性が多いにあるかと思われます。
  • 叔母様には生まれたお子様の写真などを貼ったりした、出産報告と、内祝いへのお礼の気持ちをしたためた、お手紙かメッセージカードを贈るのがお薦めかと思います。
お客様のお悩み

親戚への出産内祝いを、祝いを頂いていた際に実家から既に贈られていました。
こういった場合、出産をした本人たちからの再度の内祝いは、贈らない方が良いのでしょうか?

 最近、無事にお子様を出産された女性Eさんからのご相談です。
先日出産を終え、それに伴って叔母様から出産祝いを頂いたそうです。

また、授かり婚であったために、結婚祝いとしての出産祝いも出産前に頂いていたとのこと。

Eさんご夫婦はお返しの品物は贈らずに、それぞれ両方ともその時は、お礼のお電話を入れただけだったそうです。

そして後日、叔母様への含め、内祝いを贈る準備をしていたところ、Eさんのお母様が「叔母への内祝いは、もうお母さんが贈っておいたからね。」と伝えて来られたそうです、

この場合の出産内祝いについて、疑問があるそうです。

実家から内祝いがすでに贈られている場合、お祝いを頂いた私たち本人からの出産内祝いは贈らない方が良いのでしょうか?

 叔母から頂いた、出産祝い兼結婚祝いへの内祝いを贈ろうとしていたところ、母から「叔母への内祝いは、もうお母さんが贈っておいたからね。」と言われました。

どうやら私たちが知らないうちに、母が気を利かせてすでに内祝いを贈ってくれていたそうです。

ですが、私は叔母には小さい頃から大変可愛がられてきたので、お祝いをされた自分からも内祝いを贈りたいと思いました。

ですが母からは、「内祝いは2回分もう贈ってあるから、Eからは暑中見舞いを出す程度にすれば?」と言われてしまいました。

こういった場合、2重にはなるのですが、お祝いを受けた私から、再度内祝いを贈るのはやめておいたほうが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

自分たちへのお祝いに対して、自分たちでお返しをきちんと返したいお気持ちは大変素敵です。
ですが、内祝いが2重になってしまう場合は、贈らないほうが良いかと思われます。

内祝いが2重になってしまう場合は、相手が困惑してしまうので、贈らないほうが良いかと思われます。

 今回の場合、すでに質問者様のお母様が、内祝いを叔母様に贈ってくださっていることで、叔母様様からのお祝いへの内祝いの品物のやり取りは、終了していることになります。

質問者様の自分たちへのお祝いに対して、自分たちでお返しをきちんと返したいお気持ちは大変素敵だと思います。

ですが、贈り先様の叔母様の立場に立ってみると、2重でお返しがくることによって、さらにお祝いしなくちゃと気を遣わせてしまう可能性が多いにあるかと思われます。

ですので、品物の内祝いはもう贈らないほうが良いかとは思われます。

なので、今回の場合ならば、叔母様には生まれたお子様の写真などを貼ったりした、出産報告と、内祝いへのお礼の気持ちをしたためた、お手紙かメッセージカードを贈るのがお薦めかと思いますよ。

そうすれば暑中見舞いまで待たなくても良いですし、改めて感謝の気持ちをお伝えできるかと思います。

ですので、お母様にはお母様にで、内祝いの手配をしておいてくれたことへのお礼のお気持ちを伝えてくださいね。

お母様の気遣いの内祝いも、素敵な親心だと思いますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 品物の内祝いはもう贈らないほうが良いかとは思われます。
  • 贈り先様の叔母様の立場に立ってみると、2重でお返しがくることによって、さらにお祝いしなくちゃと気を遣わせてしまう可能性が多いにあるかと思われます。
  • 叔母様には生まれたお子様の写真などを貼ったりした、出産報告と、内祝いへのお礼の気持ちをしたためた、お手紙かメッセージカードを贈るのがお薦めかと思います。


  • ですね!!




    3.ご親族様への出産内祝い。




    家族や親族への出産内祝いの相場について

      基本的に内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

    ですが、御家族やご親族のお祝いは比較的金額が大きいことや、今後もお付き合いが、永く続いていくので、他の方に返す割合より低くされています。1/3以下のお返しも多く見受けられます。

    また家族、例えば兄弟両親、あるいは親戚などの親族からお祝いのお金や品物を頂いた時に、多々あるのが各家庭にある、お祝いへのルールです。

    例えば、お祝いの贈り合いは初めからなしだとか、しても大体いくら程度のものと決めておくとか、そういったものです。

    これはある家庭とない家庭で別れるかと思います。

    ない場合は、とても大金ではない限りは、基本的に先ほどの『半額〜1/3程度の金額の品物』を内祝いとして贈れば大丈夫かと思われます。

    ですがもしルールがある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。
    そのためにも、用意する前に1度両親に相談してみることをお薦めします。




    4.すでに「ご親族様への出産内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス




    冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

    以下は、
    【すでに「ご親族様への出産内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


    兄弟に贈る出産内祝いはいくらくらい?
    親戚への出産内祝いの贈り方やマナー
    親戚への出産祝いのお返しの贈り方やマナー
    親戚への出産内祝いの贈り方やマナー
    高額なお祝いを頂いた親戚への出産内祝いの贈り方
    親戚への出産祝いのお返しの贈り方やマナー
    親戚への出産内祝いの贈り方やマナー
    親戚への出産内祝いやお返しの贈り方やマナー
    出産内祝いは身内にも贈る?出産内祝いのマナー
    親族への出産内祝いの相場
    家族や親戚に出産内祝いを贈る際に気をつけるべきポイント
    祖父母への出産内祝いに関するマナー
    実家の両親や兄弟への出産内祝いに関するマナー
    親戚へ贈る出産内祝いの金額
    出産内祝い選び方のポイント1
    出産内祝い選び方のポイント1
    出産内祝い選び方のポイント1
    出産内祝い選び方のポイント3
    兄弟に贈る出産内祝いは何がいい?
    兄弟への出産内祝いに人気のギフト



    兄弟に贈る出産内祝いはいくらくらい?

    出産されたら兄弟からも出産のお祝いを頂く事になるでしょう。
    このように兄弟からお祝いを受け取った場合にもきちんと出産内祝いをお返しする人が多いと思います。

    ではこの兄弟への出産内祝いいくらくらいお返ししたら良いのか?ですが、普通は一般的相場として、受け取ったお祝いの半分から3分の1程度をお返しするものです。
    ですが、お祝いを下さった兄弟が自分の兄や姉といった上の方であれば、半返しより少なくても良いという雰囲気もあったりします。
    ただ、その兄弟が結婚されているような場合には、義理の兄弟に当たる方に対するお返しにもなるので、そう考えると一般的相場の半返しをしておいた方が無難なようにも思います。

    この出産内祝いいくらぐらい返せばいいかも勿論悩むところですが、内祝いに何を選ぶかも悩むところでしょう。兄弟がまだ結婚されていないような場合には、その兄弟が必要としているであろう物や好きそうな物を選べば良いのでしょうが、結婚されている場合には又義理の兄弟に当たる方の好みなどもあるでしょう。
    そのように兄弟だけでなく義理の兄弟の事まで考えていたらなかなか何にするか決まらないというような人はカタログギフトなんてどうでしょうか?

    カタログギフトなら、兄弟夫婦に、ゆっくり相談して好みの物を選んで貰う事が出来ます。



    親戚への出産内祝いの贈り方やマナー

    「親戚への出産内祝いの相場金額」についてご紹介いたします。

    赤ちゃんが産まれることは身内にとっても友達や会社の方などのお付き合いがある方にとっても喜ばしいことでお祝いをと用意してくださるかたもいらっしゃることと思います。
    親戚の方からも出産のお祝いを頂くことがありますが、内祝い親戚出産祝いのお返しの相場金額はどのくらいだと考えておけば良いのでしょうか。

    内祝い親戚出産祝いのお返しの相場金額は、親戚の方との関係によっても違いますが年配の方の場合は半返しにこだわらずに三分の一くらいのお返しや四分の一くらいのお返しを相場としても良いでしょう。
    従兄弟などの同年代の方の場合は、お祝いの金額が友達から頂く金額などど変わりない場合は、半返しが相場だと思っておけば良いでしょう。
    年配の方にお祝いのお返しをする際にあまり高額のお返しをするとかえって失礼にあたってしまうため気をつけたほうが良いかもしれません。

    お祝いのお返しの品物は、相手の年代や家族構成などを考えて喜んでもらえるような品物がよいでしょう。
    たとえば自分で好きなものをセレクトできるカタログギフトなども人気のある内祝いアイテムです。
    カタログギフトはグルメ専門のカタログギフトや総合的なカタログギフトなどもあります。
    また、温泉やエステなどを体験することができる体験型のカタログギフトなどもあります。
    色々と組み合わせて贈ることもできますので便利です。
    その他にも赤ちゃんの名入れのギフトなども出産内祝いとしてはおすすめの品物です。
    カステラの名入れギフトやお米の名入れギフト、お酒の名入れギフト、紅白の麺のギフトセットなどもおすすめのアイテムです。



    親戚への出産祝いのお返しの贈り方やマナー

    「親戚への出産祝いのお返しの相場金額」についてご紹介いたします。

    子供が生まれると周囲の方が祝福して出産のお祝いをくださいますが、家族や友人、親戚、会社の関係者などさまざまな係わり合いのある方にお祝いをいただきます。
    出産祝いお返し親戚の方にたいするお返しの相場金額はどのくらいなのでしょうか。

    出産祝いお返し親戚の方にお祝いのお返しを用意する場合の相場は、ほとんどの場合に半返しだと覚えておけば良いでしょう。
    ただし、高額な出産祝いを目上の親戚の方が下さった場合は、半返しにこだわらずに1/3返しまたは1/4返しでも問題はありません。
    あまり半返しにこだわってしまうと逆に失礼にあたる場合がありますので気をつけたほうが良いでしょう。

    お返しの品物は相手の方が喜んでもらえるような品物を選びたいものです。
    たとえばカタログギフトなどもお祝いのお返しの品物として人気があるアイテムです。
    カタログギフトは、高額なカタログギフトなどもありますので高額なお祝いを頂いた場合にお返しのアイテムとして選びやすいですし、種類が豊富で品質もよいカタログギフトなどもあります。

    また、赤ちゃんの名入れのギフトなどもおすすめです。
    紅白のうどんと丸もちのおめでたい組み合わせの慶びのめんめんやミニ俵入りのお米ギフト、長崎堂のカステラの名入れギフトなども人気があります。



    親戚への出産内祝いの贈り方やマナー

    出産のお祝いをいただいた場合にお返しをしていくときに把握しておきたいのが相場です。

    高額な金額や品物を頂くことも多い親戚からのお祝いに対して内祝い出産親戚に送る場合にも産後すぐは忙しく大変な時期になるので前もってお返しの内容を決めておくのも大切です。
    目上の方からのお祝いの場合には金額からおよそ3割ほどにして置くのが相場となっています。

    内祝い出産親戚にどういった金額が良いかと悩んだ場合は、両親に相談するという方法も失礼のない贈り物となります。
    品物でいただいた場合は、商品をネットを使って検索すると値段がわかるという方法がありますので迷った際にはこういった方法をとることで調べることも可能です。

    親戚が住まいや交流が頻繁でない場合はカタログギフトを選ぶというのも品物選びに困りません。
    品物を選ぶ場合は送料もかかりますので、数が多い場合は負担となることもあるのですが送料が無料となりますし、カタログギフトの注文が出来るサイトであれば合わせてメッセージやのしといった包装まで請け負ってくれますので、金額の部分から大事にしたいマナーまで安心して任せられるのが良いです。
    それぞれ頂いた値段に合わせてお返しが出来るようになりますので失礼に当たることなく喜んでもらえます。



    高額なお祝いを頂いた親戚への出産内祝いの贈り方

    出産された時には周りの人達から色々なお祝いを貰う事になるはずです。
    このお祝いですが、お金で貰う場合もあるでしょうし、ベビー服や玩具など、品物で貰う場合もあるでしょう。
    このようにお祝いを貰った際には、このお祝いに対して内祝いというお返しをするのが常識です。

    この内祝いの相場金額ですが、世間では、貰ったお祝いの額の半分から3分の1程度の額をお返しすればよいと言われています。
    なので品物だとはっきりと金額が分からないような場合もあるかもしれませんが、だいたいの目安がそれぐらいと考えておけばよいでしょう。

    ただ、親戚などの中には、かなり高額なお祝いを下さるような方もいるかもしれません。
    そのような場合には、この相場をそこまで気にせず、自分の気持ちとしてどれぐらいのお返しをしたいかでその出産内祝い親戚の額を決めてもよいかもしれません。
    どうしても悩むという方には、他のお祝いを下さった方々へのお返しの平均金額より少し多めぐらの額で見当してみてもよいでしょう。

    次にお勧めのお返しですが、断然カタログギフトが喜ばれると思います。
    以前はタオルや洗剤などの日用品やお菓子、コーヒーなどの食べ物系もよく選ばれていましたが、最近は断然カタログギフトを選ぶ人が増えているでしょう。
    カタログギフトなら、ワンランク上のカタログなども用意されているので、高額なお祝いを下さった親戚の方への出産内祝い親戚にはこのようなワンランク上のカタログギフトを選択するというのも1つの方法でしょう。



    親戚への出産祝いのお返しの贈り方やマナー

    「親戚への出産祝いのお返しの相場金額」についてですが、一般的におめでたいことに対するお祝いへのお返しなので、三分の一から半額くらいが目安とされています。
    もちろんいただいた金額を上回るようなことは、かえって失礼にあたりますので気をつけなくてはいけませんが、少なすぎるのもあまり感じの良く無いお返しとなってしまいます。
    できれば半分くらいはお返しするくらいの予算でお返しをするようにしましょう。

    親戚は、これからもずっとお付き合いをしていかなくてはならない人達ですから、お返しを喜んでもらえるということは重要です。

    「親戚出産祝いお返し」にはカタログギフトがおすすめです。
    親戚の中にもいろいろなタイプの人がいるので、一律に同じ品をお返ししたとしても、ある人は好みではなかったり、ある人は賞味期限が短いと思ったり、なかなか価値観はいろいろです。
    その点カタログギフトであれば、それぞれに必要な品を選んでもらえるので無駄がありません。
    「親戚出産祝いお返し」にカタログギフトを利用すると、それぞれの価値観を満足させることができます。
    カタログギフトにはいろいろな種類があるので、相場に応じたものを選ぶと安心です。



    親戚への出産内祝いの贈り方やマナー

    出産のお祝いへのお返しは出産内祝いといって、頂いたお祝いへのお礼と、赤ちゃんの紹介を兼ねて、失礼のない形でお贈りしたいものです。

    お返しの相場としては、頂戴したお祝いの額のおよそ半分程度が一般的だと考えられています。
    あまり一般的な相場から突出しないように気をつけましょう。

    しかし、御親戚などから他の方々に比較してかなり高額のお祝いを頂戴した場合などは、どの程度のお返しをすべきかどうか、やはりご両親に相談なさるのが良いと思います。
    確かに、半分程度のお返しというのは一般的な相場ではありますが、こういったしきたりはやはりそのご親族のお考えを考慮に入れられることも大切です。

    人気の出産内祝いと言えば、やはりカタログギフトです。
    カタログギフトであれば、さまざまな年代の方にも対応できる、バラエティに富んだ品ぞろえが大きな特徴としてあります。
    また出産内祝いに適したようなお返し、例えば名入れの商品なども多数取り揃えられており、親戚内祝い出産へのお祝いへのお返しとしては贈る側も安心してお贈りできるというメリットもあります。
    贈る側としては安心感、贈られる側はお品を選ぶ楽しみと双方がご満足のいくお返しが、カタログギフトであると言えます。
    親戚内祝い出産のお返しにはカタログギフトがお勧めです。



    親戚への出産内祝いやお返しの贈り方やマナー

    出産というおめでたい事があった際には様々な方々から出産のお祝いを受け取る事になるでしょう。
    その中には、友人もいるでしょうし、職場の同僚、そして親戚の方々もいらっしゃるでしょう。

    このように出産のお祝いを受け取ったら、それに対して出産内祝いというお返しをするのが常識でしょう。
    この出産内祝いの相場金額ですが、一般的に受け取ったお祝いの金額の半分から3分の1程度の金額でお返しすればよいと言われています。

    ただ親戚の中には、特に親しい間柄の親戚などは、普通の方よりかなり高額なお祝いを下さるような場合もあるでしょう。
    このようにかなり高額なお祝いを受け取ったような場合には、そのような出産内祝いお返し親戚にも半分から3分の1といった相場にこだわる必要はないとされています。
    そのような出産内祝いお返し親戚の場合には、通常の方々より少し多めにお返しするぐらいの気持ちでよいでしょう。
    そうなると何をお返しに選んでよいか迷われるかもしれません。

    そこでおすすめなのがカタログギフトです。
    カタログギフトは予算に応じて様々なカタログが用意されていますし、ワンランク上のプレミアム感満載のカタログなども用意されているので、そのようなカタログギフトを選んで良いかもしれません。



    出産内祝いは身内にも贈る?出産内祝いのマナー

    出産したら友人、知人、職場の同僚、そして親族と様々な人から出産のお祝いを受け取る事になるでしょう。
    このように出産のお祝いを受け取ったら、それに対して出産内祝いというお返しを渡すのがマナーです。

    この出産内祝いの相場として、受け取ったお祝いの半分から3分の1程度の品を、だいたい産後1ヶ月以内ぐらいにはお返しするのがマナーです。
    これは身内への出産内祝いにおいても同じで、身内からだとお祝いの額は相場より多いかもしれませんが、内祝いは何らかの形でするようにしましょう。

    ただ、あまりにも高額なお祝いを貰った場合には、「絶対に半分か3分の1は返さないと…」とそこまでむきになる事はありません。
    両親や祖父母ですと、5万、10万といった金額のお祝いをくれる場合もあるでしょうし、「身内への出産内祝いなのにやめてよ」と言って下さる場合がほとんどかもしれません。
    このような場合には、杓子定規にお返しするのではなく、「日頃のお礼とこれからもお願いします」という気持ちを込めて何かプレゼントすると良いでしょう。

    「何をプレゼントしたら良いのか分からない…」という場合にはカタログギフトなんてどうでしょうか?カタログギフトを見るのが面倒という祖父母には一緒に選んであげたら喜ばれるかもしれません。



    親族への出産内祝いの相場

    出産したら周りの人から出産のお祝いを貰う事になるでしょう。

    この出産のお祝いの相場ですが、「気持ちで」といった感じだと2、3千円ぐらい、一般的には5千円ぐらい、親しい友人や親族だと1万円、祖父母とか親しい伯父伯母とかになると何万円とかもあるでしょう。

    次にこの貰ったお祝いに対して、出産内祝いというお返しをする必要があるのですが、この出産内祝いの相場が、だいたい貰ったお祝いの半分から3分の1程度の品を返すのが一般的とされています。

    ですが、もし祖父母から5万円、10万円とお祝いを貰ったからと言って、その半分の2、3万、又は5万円相当のお返しをする必要があるのかと言われると、そこは気持ち分という事で、1万円前後ぐらいのお返しで良いとされています。

    次に出産内祝い親族に何をお返ししたら良いかですが、当たり外れないようにと無難なところでタオルや調味料などの日用品やお返しの定番であるお菓子もありですが、おすすめはカタログギフトです。
    カタログギフトなら相手の方に好きな品を選んで貰う事が出来るので、「これを贈って迷惑になったらどうしよう」なんて心配をせずに済みます。
    又、高額なお祝いを下さった方への出産内祝い親族には、ワンランク上の品が掲載されている予算高めのカタログも用意されているので、そのようなカタログギフトをお返しするのもありでしょう。



    家族や親戚に出産内祝いを贈る際に気をつけるべきポイント

    出産内祝い家族や親戚にに贈る際に気をつけることは、頂いた金額や物に対してどのくらいのお返しをするのか、また地域によっては出産内祝い品として失礼にあたるものがあることをきちんと確認してお返しをするということが大切です。

    例えばお茶を出産内祝いとして贈る場合、地域によってはお茶は葬儀の時のお返しにも使われるため縁起が悪いと捉えられてしまう場合があります。
    こういったことが起こらないように、親戚関係にお返しをするときには両親にきちんと確認するようにしましょう。

    好みがわからない場合や、何が失礼にあたるかわからない場合はカタログギフトを贈るとよいでしょう。
    カタログギフトであれば自分で欲しいものを選ぶことができたり、高額なお祝いを頂いた場合でもお返しするべき金額にあたるものを見つけやすいです。
    それから出産内祝い家族や親戚間でやりとりする場合には、自分たちのおすすめの品物を贈るよりは、相手の好みを優先して贈った方が喜ばれることが多いです。
    自分たちの好みの品だとどうしても若いので、年配の方から支持されない場合も多いです。
    そういったトラブルにならないためにも、相手への配慮が伝わるようなお返しを考えるとよいでしょう。



    祖父母への出産内祝いに関するマナー

    待ちに待った出産。親族皆が喜んでくれますが、この出産の祖父母への内祝いに対するマナーの有無が、しっかりと表れてしまいますの、注意が必要です。

    私たち新しい家族が親族の中できちんと認められるように、親族間でのやり取りは特に気を使いました。
    事前に、年長の親族と相談の上、カタログギフトを贈ることに決めていました。
    出産の祖父母への内祝いという場面に柔軟に対応できるカタログギフトを薦めてくれた年長の親族には感謝しています。
    その親族も、内祝いには頭を悩ませたそうです。
    親族間で突出せず、かつマナー違反にならないものとしていろいろ探し回ったそうです。

    内祝いは単なるお返しではないので、そういった意味がきちんと込められているお品が含まれているカタログギフトを選択するということが大切なマナーだそうです。
    頂いたお祝いへのお返しではなく、赤ちゃんのお披露目の意味があるからです。
    ですから、頂いたお祝い金の額にあまりこだわらず、親族間で決められている範囲内の相場で内祝いを選ぶことも大切だということでした。
    これは親族内でのマナーにあたるかと思います。
    気心の知れた友人へのお祝いやお返しとはまた違った意味があることをしっかりと理解した上で、内祝いに対応できるカタログギフトを選んで良かったなと思います。



    実家の両親や兄弟への出産内祝いに関するマナー

    出産内祝い実家には贈らないという方もいらっしゃるようですが、それは少しマナー違反になるかもしれません。
    出産内祝いとは、本来近くにいる方に福を分けるという意味で広まったものですし、子供が無事に生まれたことを知らせるものでもありました。
    自分にとって身近な存在にこそ、内祝いは贈るべきものなのです。
    お祝いを頂いていなくても内祝いは贈るという習慣があったものですが、今ではお祝いを頂いた方へのお返しとしての意味合いが濃くなってきていると思います。

    頂いたお祝いの金額の3分の1から2分の1くらいの金額のものをお返しするのがマナーだといわれています。
    しかし出産内祝い実家に贈る場合は、少し一般的な相場とは変えても良いのかもしれません。
    両親だからこそお祝い金がかなり大きい金額になることもあると思います。
    その金額の半額の物を贈るとなると、お祝いをあげた両親も困ってしまうかもしれません。
    お祝い金が仮に10万円だとしても1万円から2万円程度の物を贈るのが良いのかもしれません。
    もちろん家族の関係性によっても異なるとは思います。

    人気のカタログギフトであれば価格帯が広いので、きちんと相場にあった贈りものをすることができます。
    意外とと好みがわからないと思う家族にも喜ばれるのがカタログギフトだと思います。



    親戚へ贈る出産内祝いの金額

    ご親戚の方から出産祝いをいただいたら、まずは感謝の気持ちを伝えましょう。
    それから、いただいた出産祝いの金額の半分から3分に1程度の金額の出産内祝いを相手の方に贈ります。

    出産内祝いの金額はあくまで目安になりますが、だいたい5.000円から10.000円くらいの金額を目安にするのが多いようです。

    なかには、「出産の内祝いは形式ばっているから必要がない」とおっしゃるような場合もありますが、ご親戚とは今後長いお付き合いになる関係にあります。
    ご挨拶と感謝の気持ちをお伝えするために、出産内祝いを贈ることをおすすめします。

    内祝いの場合、タオルや石鹸、洗剤などがどうしても多くなりがりですが、年配の方の場合はこれらの商品はあまり喜ばれません。
    さらに、家族構成や好みに違いがあるため、喜ばれる内祝いの商品選びはどうしても難しくなります。

    そこでおすすめなのがカタログギフトです。
    カタログギフトなら贈った相手の方が好きなものを選べますし、商品の申し込みはハガキでできますので、幅広い年齢層の方に利用しやすいのもメリットですね。
    ご親戚に贈る出産内祝いのカタログギフトでおすすめなのが、カタログギフト大手ネットショップ、たき新の「スターチョイス」シリーズです。
    掲載アイテム数日本最大級のこのカタログは、有名ブランドの生活雑貨から老舗メーカーの銘菓まで豊富なジャンルの商品が揃いますので、幅広い世代の方からの評価が高く、喜ばれています。



    出産内祝い選び方のポイント1

    ●用途【出産祝いのお返し】
    ●贈り先(対象者)様について性別【女性】年齢【30代】
    ●贈り主様について性別【女性】年齢【60代以上】
    ●両者の関係【親戚】

    私が幼い頃から自分の本当の孫のようにかわいがってくれた祖母の妹にあたる大叔母。
    以前は目と鼻の先に住んでいましたが、大叔父が亡くなってからは遠く離れた関東に引越して行った為、なかなか会えなくなってしまいました。
    私が妊娠・出産をした時には想像以上に喜んでくれた為、今すぐにでも子供を連れて会いに行きたいのはやまやまでしたが、出産直後の私にとってそれはなかなか厳しいのが現実でした。

    そこで考えたのが、出産の内祝いとして出生時の体重分のお米のパッケージに息子の名前と写真が入った物を贈るという事。
    子供をいますぐには抱っこしてもらえないものの、少しだけでも気分は味わってもらえるのではないかと考えてすぐに注文をしました。
    以前、遠方に住む親友から出産祝いのお返しとしてこのお米を頂いた時にすごく嬉しかったのを思い出したのです。

    送った数日後に大叔母から内祝いが届いたとの電話をもらい、私が電話口に出たときには泣いていました。
    本当に私の子を抱っこした気分になれて嬉しかったとの事でした。私も涙をこらえきれず2人で電話で話しながら大泣きをし、近いうちに絶対大叔母に子供を抱いてもらおうと心に決めたのでした。



    出産内祝い選び方のポイント1

    ●用途【出産祝いのお返し】
    ●贈り先(対象者)様について性別【女性】年齢【30代】
    ●贈り主様について性別【男性】年齢【30代】
    ●両者の関係【年上で小学生の子持ちの従兄】

    出産祝いに従弟から可愛いベビー服をたくさんいただいたので、お祝いのお返しにハーゲンダッツのアイスクリームギフトセットを贈りました。
    従兄のうちには、小学生の子供がいてとてもアイスクリームが好きだったからです。
    そういった情報は出産前にちゃんと収集しておいたので、その家の子供達が一番好きな物がハーゲンダッツだとわかっていたのです。

    ハーゲンダッツのアイスクリームのギフトセットはよく贈答品のカタログにも掲載されているし、数種類詰合せてあるので子供がいる家庭への贈り物としては最適なのです。
    従兄のうち以外でも、夫の職場の人達にも同じように出産祝いのお返しとしてハーゲンダッツのギフトセットを贈りました。
    最近では夏場以外でも年中アイスクリームを食べる習慣があるし、ハーゲンダッツだったら大人から子供まで幅広い世代に人気の商品だからきっとみんな喜んで食べてくれる事でしょう。
    値段も詰合せる数によっていろいろあるので、出産祝いに頂いた金額や物の値段別にお返し出来るというメリットもあります。

    やはりたとえお返しの品としても、相手側のライフスタイルをしっかりリサーチしながら確実に喜んでもらえる物を贈る事が大人としての礼儀だと思っています。
    実は私も大のハーゲンダッツのファンなので、真っ先に頭に思い浮かんだのがハーゲンダッツのギフトセットという理由もあるのでした。
    贈り物ってもらう方も贈る方もそれなりに気を遣うものだから、間違いないロングセラーな物を選ぶといいみたいですね。



    出産内祝い選び方のポイント1

    ●用途【出産祝いのお返し】
    ●贈り先性別【男性】年齢【60代以上】
    ●贈り主様について性別【女性】【30代】
    ●両者の関係【祖父と孫】

    エピソード私の実家は田舎で昔からの米農家を営んでいます。
    祖父は私が小さいころから私をとても可愛がってくれました。
    私が結婚した少し後に老人ホームに入り、静かな時を過ごしていました。
    私は田舎の出身の割には結婚が遅く27歳、その後子供を授かったのも数年後と時間がかかり、第一子が生まれたは30歳のときでした。

    私は田舎の本家の長女でしたので、夫は婿で、私の子供が本家の跡取りとなるということもあり、周りからの「早く子供を」というプレッシャーは物凄いものでしたが、祖父はいつも何も言わずにそっと私たちのことを見守ってくれました。
    そんな中生まれた私の第一子は男の子。
    両親も伯父も叔母も諸手を挙げて喜んでくれました。
    祖父も曾孫の誕生を喜んでくれて、お祝いをくれました。

    それに対する出産祝いとして、私たちは実家で作ったお米を子供の出生時の体重だけ袋に入れ、書道が得意な父が熨斗に名前を書き、絵手紙が趣味の母が挿絵を施したものを祖父に贈りました。
    老人ホームの共有リビングで、普段無口な祖父が声を出して泣いたのを今でもはっきりと覚えています。
    両親の気持ちと、跡取りである曾孫が生まれた喜びと、本家の跡継ぎについて不安に思っていた気持ちとが一気に混ざり合い、気持ちが爆発したようでした。
    本当に、本当にありがとう、と手を硬く握り締め、涙ながらに喜んでくれました。



    出産内祝い選び方のポイント3

    ●用途【出産祝いのお返し】
    ●贈り先(対象者)様について性別【女性と男性】年齢【60代以上】
    ●贈り主様について性別【女性・男性】年齢【20代】
    ●両者の関係【孫夫婦から祖父母へ】

    19歳の時にわたしは重度の子宮内膜症と診断され、子宮と卵巣を全摘出するよう医師に言われました。
    当時高校生からお付き合いをしていた彼と(今の旦那様)すでに同棲もしていて、結婚も意識していた頃のことです。
    当たり前のように結婚をし、当たり前のように子供を産み、ごく普通の幸せを手に入れられると思っていたのに、子供を産むことさえできなくなるという状況に大変悩み、ショックを受けました。

    たったひとりで医師から宣告を受け、両親にも言えず、彼にも言いだすことができなかったのですが、遠く離れて住んでいる祖父母がわたしの異変を感じたのでしょう。
    電話をくれたのです。
    心配をかけるから話すつもりはなかったのですが、祖父母のやさしい言葉に涙が止まらなくなり、つい本当のことを話してしまいました。
    祖父母は獣医師をしていて、病気にはとても理解のある人間でした。赤ちゃんが産めなくたっていいじゃない。
    苦しいときはいつでも話を聞いてあげる。いつもそばにいてあげる。と言ってくれました。

    でもどうしても彼の赤ちゃんがあきらめきれなくて、子宮と卵巣の摘出は断り、温存療法をすることに決めました。
    数年間毎月注射による治療でしたが、思うような結果が出ず、一か八かで妊娠することが一番の治療だと言われ、彼と入籍をし、子作りに励むことにしたのです。

    しかし思うように赤ちゃんはわたしたちのもとに来てくれず、来月から不妊治療に切り替えるというとき、ついに妊娠したのです。
    奇跡的な妊娠でした。しかし、赤ちゃんができて間もなく、子宮の環境が悪いから、ちゃんと育つかわからないと言われました。
    やはり、切迫流産、切迫早産になり、ずい分長い間入院しての出産となりました。

    やっとの想いで生まれてきた赤ちゃんは丸々と太った元気な女の子。
    出産に居合わせた祖父母も「良かった!良かった!」と泣いて喜んでくれました。

    こんなに心配をかけた祖父母に、何か思い出になるようなお返しものをしたいと思い、以前結婚式でわたしたちが両親に送った両親の似顔絵を思い出し、「これだ!」と、わたしたち夫婦と娘、祖父母の5人を一枚に描いてもらった似顔絵を贈りました。

    その時祖父は持病が悪化し、余命宣告を受けているような状況でした。起きて話をするのも辛かっただろうに、祖父母の家に似顔絵を持って行ったときは、わざわざリビングに出てきてくれて「こんなステキな絵をもらっていいのかい?」と、涙ぐんで喜んでくれました。その後祖父は亡くなってしまいましたが、祭壇の前にはあの時贈った絵が飾られました。

    今もお仏壇から見える場所に飾ってくれています。ちょっとした気持ちで贈った絵だったのですが、わたしたちにも良い思い出の品になりました。



    兄弟に贈る出産内祝いは何がいい?

    夫婦に赤ちゃんができ、たくさんの方から祝福いただき、お祝いを頂戴した!本当に喜ばしいことですね。
    でも、マナー違反にならないように、しっかりお返しを考えましょう。

    出産内祝い兄弟の場合は、何をお返ししたらいいか気軽に訊けるので、比較的楽かもしれませんが、たいていは「お返しなんていいよ、気持ちだけで十分」なんて言われてしまうかもしれませんね。
    でも、その言葉を鵜呑みにするわけには…いかないですよね。

    出産内祝い兄弟を何にしようか迷った時は、カタログギフトはいかがでしょうか。
    今やカタログギフトには様々な商品が掲載されています。
    日用品や食品はもちろんのこと、お料理教室や乗馬のレッスン体験、有名レストランのお食事券やエステまで、本当に幅広いジャンルから選べるようになってきました。

    贈った方へ、「選ぶ楽しさ」も一緒にお届けできるなんて、ちょっと素敵だと思いませんか。
    期限もたっぷりとってありますので、ゆっくり選んでいただくことができるのもカタログギフトの特長だと思います。
    お返しは何もいらないといわれた、相手が何を必要かわからない…そんな時は金額に見合ったカタログギフトをお贈りしましょう。
    きっと喜ばれますよ。



    兄弟への出産内祝いに人気のギフト

    兄弟から出産祝いをもらった!とてもありがたく嬉しいことですね。
    さてお返しをどうしようかと考えたときに、まずは世間の風潮を気にしてみましょう。

    出産内祝い兄弟で人気の品の上位には、カタログギフトがランクインしています。
    カタログギフトは金額に合わせて様々な商品が掲載されているので、受け取った人の好みに合わせ食品や日用品、装飾品などから自由に品物をチョイスできるのが魅力です。
    最近では品物だけでなく、スポーツジムや乗馬などの体験クーポンや、クルージングやレストランでの食事券なども取り揃えられており、そのジャンルの豊富さには本当に驚かされます。
    これだけの種類があれば、贈った方のお気に入りもきっと見つかることかと思います。

    ですから、出産内祝い兄弟を何にしようか迷ったり、本人に訊いたところで「何もいらないよ~」と遠慮されてしまった時などにはもってこいのお返しといえるのではないでしょうか。
    また選ぶ期限もたっぷりとってあるので、贈った方にゆっくりと選ぶ楽しさも一緒にプレゼントできるのもカタログギフトの特長といえるでしょう。金額ごとに種類も豊富なお返しに人気のカタログギフト、ぜひ一度検討してみてくださいね。




    ご親族様への出産内祝いについてでした。

      今回はご親族様への出産内祝いについてのご紹介でした。

    今までもこれからもお付き合いの長いご親族様とは、円満な関係を保っていきたいものですよね。

    そう言った点からも、お祝い事の贈り物もしっかりとして、お互いに気持ちの良い関係になれるといいですね!

    ぜひ今回の記事を参考にして見てくださいね!



    出産内祝いのマナー 記事一覧

    お悩み解決マナー集
    出産内祝い マナー一覧
    出産内祝いの熨斗。熨斗なしの出産祝いへのお返しや、短冊熨斗について。
    出産内祝いのお礼状やメッセージカード!連名のお祝いへの対処や、面識のない方への対処。
    ご友人様への出産内祝い。まとめて頂いたお祝いに対してや、他のものと合わせたお祝いへのお返し。お薦めの品物。
    出産内祝いの一般的な金額。相場以上のお祝いを頂いた場合と、お返しへの金額がもし相場に満たなかった場合の対処について。
    ご親族様への出産内祝い。贈るのが遅れている中、葬儀でお会いした場合。実家から既にお返しをしていた場合。
    出産内祝いで商品券を贈る場合。2つの品を一緒に贈る場合や、上司に贈る場合。商品券を贈るメリット。
    出産内祝いにお米ギフト。お米ともう一品を贈る場合や、自家栽培のお米を贈る場合について。
    出産内祝いを贈る時期について。内祝いが2つある際に贈るタイミングや、贈るのにお盆や忌中を避けた方が良い理由。
    出産内祝いの名前に関することについて。不妊治療中の贈り先様への心遣いや、熨斗の名前について。お薦めの名前入りギフト。
    お悩み解決接客ブログ
    産後忙しく、お返しを考える時間が持てない方必見です!
    成功事例・体験談
    すでに「出産内祝いの選び方についての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
    すでに「出産内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
    体験ストーリー「兄への感謝の気持ちからつながる未来への想い」
    体験ストーリー「一大決心の妹を傍で応援する私が贈った内祝い」
    体験ストーリー「素敵な贈り物のヒミツ」
    体験ストーリー「兄が大好きな妹」
    体験ストーリー「こころのトゲが消えるとき」
    体験ストーリー「贈り物で思い出の味を」
    たき新の激安カタログギフトの
    評判と口コミ
    カタログギフトサンプル請求


    • たき新の内祝いギフト
    • たき新のブライダルギフト
    • たき新のお香典返し
    • たき新のグルメカタログ
    • たき新のプレミアムカタログ
    • たき新の人気商品ランキング
    • たき新のカタログ一覧
    結婚祝いマナー
    香典返しマナー
    新築内祝いマナー
    快気祝いマナー
    還暦祝いマナー
    カタログギフトの選び方
    最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
    香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
    商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト