カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 出産内祝い > 出産内祝いのマナー > 出産内祝いを贈る時期について。内祝いが2つある際に贈るタイミングや、贈るのにお盆や忌中を避けた方が良い理由。

出産内祝いを贈る時期について。内祝いが2つある際に贈るタイミングや、贈るのにお盆や忌中を避けた方が良い理由。




出産内祝いにを贈るタイミングに関することについては、以下のようなお悩みが多いのです。
「どの時期に出産内祝いを贈るのがベストなのかしら?」
「授かり婚で、結婚内祝いと出産内祝いが被った場合は、どうすれば良いのかな?」

 おめでたい出産を終えると、沢山の方々から祝福を受けられる方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

お食事会を開いて頂いたり、お祝いのお金や品物を頂いたりと、様々な形のお祝いをしていただけることかと思います。

そんなお祝いの気持ちには、きちんとマナーを守ったお礼をしたいものですよね。

今回の記事では出産内祝いを贈る時期についての、ご紹介をしていきますよ。


1.授かり婚で、親族のみの顔合わせ会兼子供のお披露目会をする場合。
お披露目会に参加される方々には、結婚内祝いの引き出物と出産内祝いは別々に用意し、お披露目会の際に渡すのが良いでしょう。
結婚内祝いと、出産内祝いはまとめずに、それぞれをきちんと用意して贈られた方が良いかと思われます。
また、出産内祝いを贈るタイミングは、お披露目会があるのならば、その際で大丈夫かと思われます。
2.出産内祝いを贈る時期は、お盆や忌中は避けましょう。
最近では意識は薄れてきたものの、基本的にはお盆に内祝いを贈られるのは、避けた方が良いとされています。
3.出産内祝いを贈る時期。
基本的に出産内祝いを贈る時期としては、産後1ヶ月ごろが最適とされています、
これには理由があって、生後30日頃に行われる『お宮参り』が、関係しているとされているからです。
4.すでに「出産内祝いを贈るタイミングについて」経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.授かり婚で、親族のみの顔合わせ会兼子供のお披露目会をする場合。
お披露目会に参加される方々には、結婚内祝いの引き出物と出産内祝いは別々に用意し、お披露目会の際に渡すのが良いでしょう。



  • 内祝いはそれぞれ分けるのが、一番丁寧で良いかと思われます。
  • 結婚内祝いは引き出物を用意されているとのことでしたので、出産内祝いをプラスで用意するのが、良いかと思われます。
  • 基本的に出産内祝いは、産後1ヶ月後に行われる、お宮参りの時期に贈るのが一般的とされています。
  • 出産内祝いの贈り方として、赤ちゃんのお披露目も兼ねて、一緒に出向いて直接お渡しするのが、一番丁寧な贈り方とされています。
  • 今回のように、産後3ヶ月が経っていたとしても、お披露目会の際に贈るのは、問題ないかと思われます。
お客様のお悩み

親族のみで、入籍後と出産後に顔合わせ会兼子供のお披露目会をします。
その場合、内祝いはそれぞれどのタイミングで渡せば良いのでしょうか?

 最近、無事に出産を終えられた、女性からのご相談です。

授かり婚だったことがあり、数ヶ月前には入籍のみを行い、結婚式を挙げる予定はないそうです。

そして数ヶ月後に無事に、お子様をご出産されたとのこと。

ですが結婚式はしないので、もともと出産から数ヶ月後に、親族での入籍報告を兼ねた顔合わせ会兼、お子様のお披露目会を行うことは決まっていたそうです。

この際の内祝いを贈る、タイミングについて疑問があるそうです。

結婚内祝いと出産内祝いはまとめて、顔合わせ兼お披露目会の時に贈れば良いのでしょうか?

 授かり婚だったために、入籍のみで結婚式は行いませんでした。

ですので、親族のみの、顔合わせ会兼お子様のお披露目会は、きちんとやろうというお話になりました。

それに伴い、8月の入籍の際に親族の方々には、入籍報告と約半年後に、顔合わせ会兼、お子様のお披露目会を催すとのことを記載した、報告はがきであり招待状であるお葉書を送りました。

顔合わせ会兼、お子様のお披露目会は、お食事会+引き出物をお渡しする程度のものを予定しております。

叔父や叔母からは既に、結婚祝いの現金10万円と、出産祝いの1万円程度の品物を頂いております。

そのこともあり、顔合わせ会兼、お子様のお披露目会の際に、結婚と出産、それぞれのお祝いに対する内祝いを贈ろうと考えております。

私たち夫婦は、荷物が増えるのもご迷惑なるかと思い、結婚内祝いと出産内祝いはまとめて、一つの内祝いとして贈ろうと、思っておりました。

ですが、母から『結婚内祝いは引き出物として渡し、出産内祝いはまた別で用意するように。』と言われてしまいました。

私としては、わざわざ2つに分けなくても良いのでは?と思っておりますが、どうなのでしょうか?

出産内祝いを産後3ヶ月も経っている、顔合わせ兼お披露目会の時に贈っても、良いのでしょうか?

 そもそも出産内祝いをお披露目会の際に贈ると、出産を終えてから3ヶ月程度経ってしまいますが、大丈夫なのでしょうか?


お悩みへの回答

結婚内祝いと、出産内祝いはまとめずに、それぞれをきちんと用意して贈られた方が良いかと思われます。
また、出産内祝いを贈るタイミングは、お披露目会があるのならば、その際で大丈夫かと思われます。

結婚内祝いと、出産内祝いは、それぞれ違うお祝いに対してのお返しになりますので、きちんと分けて贈りましょう。

 今回の質問者様のように、結婚と出産のタイミングが重なったりする関係で、内祝いを贈るタイミングも、同じくらいの時になってしまわれる方も、中にはいらっしゃるかと思います。

今回の場合ですと、頂いたお祝いはあくまで結婚と、出産に対してそれぞれ別々になります。

ですのでお返しも、きちんとそれぞれのお祝いに対してのお返し。と言う意味合いを踏まえて、結婚内祝いは結婚内祝い、出産内祝いは出産内祝いで、2つご用意して贈られるのが、良いかと思われます。

例えば、引き出物に含めて、それぞれの内祝いを一つのものにまとめてしまうと、熨斗の名前の部分等がおかしくなってしまったりしまいます。

内祝いの熨斗の名前の部分は、結婚内祝いの場合には、夫婦になった、新しい苗字の名前のお披露目の意味合いがあります。

また、出産内祝いですと、生まれてきたお子様の名前の、お披露目の意味合いがあります。

ですので2つをまとめてしまうと、熨斗の名前の部分も、きちんと正式な形でかけなくなってしまうことからも、それぞれの内祝いは分けたほうが良いかと思われます。

また、質問者様からすると、持ち帰りの際の手間を煩わせないためや、質の良いものを一つ贈ったほうが良いのではないかなどの、心遣いから、それぞれの内祝いをまとたほうが良いのではと、お考えになったかもしれません。

そう言った心遣いはとても素敵なことだと思います。

ですが、贈り先様の中には、それぞれを用意したり、包装する手間を省いた、などと感じられてしまう方が中にはいらっしゃる怖れがあります。

なので、そう言った面からしても、内祝いはそれぞれ分けるのが、一番丁寧で良いかと思われます。

今回のケースですと、結婚内祝いは引き出物を用意されているとのことでしたので、出産内祝いをプラスで用意するのが、良いかと思われます。

お披露目会がきちんと設けられているのならば、その際に出産内祝いは贈られれば、大丈夫かと思われます。

 基本的に出産内祝いは、産後1ヶ月後に行われる、お宮参りの時期に贈るのが一般的とされています。

体調のことなどが関係して遅れる場合には、遅くても2ヶ月以内に贈るのが良いとされています。

ですが、今回の場合のように赤ちゃんのお披露目会を催すことが、初めから決まっているのであれば、その際に、出産内祝いをお贈りするのも良いとされています。

お披露目会を催すことを、あらかじめ伝えておけば、参加する方々もその際に内祝いを贈ってくれるんだろうなと、思われているでしょう。

出産内祝いの贈り方として、赤ちゃんのお披露目も兼ねて、一緒に出向いて直接お渡しするのが、一番丁寧な贈り方とされているからです。

なので今回のように、産後3ヶ月が経っていたとしても、お披露目会の際に贈るのは、問題ないかと思われます。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 内祝いはそれぞれ分けるのが、一番丁寧で良いかと思われます。
  • 結婚内祝いは引き出物を用意されているとのことでしたので、出産内祝いをプラスで用意するのが、良いかと思われます。
  • 基本的に出産内祝いは、産後1ヶ月後に行われる、お宮参りの時期に贈るのが一般的とされています。
  • 出産内祝いの贈り方として、赤ちゃんのお披露目も兼ねて、一緒に出向いて直接お渡しするのが、一番丁寧な贈り方とされています。
  • 今回のように、産後3ヶ月が経っていたとしても、お披露目会の際に贈るのは、問題ないかと思われます。


ですね!!




2.出産祝いを贈る時期は、お盆や忌中は避けましょう。
内祝いの金額を少し上げるか、内祝いとは別にお気持ちの品物を贈るのがお薦めです。



  • 基本的には、故人を偲んで過ごすお盆には内祝はは避けるべきとされています。
  • 内祝いは、弔事などと贈る時期が被った場合は、弔事を優先するのがマナーとされているため、喪中明けや、四十九日後などのように、弔事が終わった後に贈るのがよいとされています。
お客様のお悩み

義母の友人から出産祝いを頂き、お盆の期間中に届く様に内祝いを郵送で送りました。
お盆の時に内祝いを贈るのは、いけないことなのでしょうか?

 先日、無事にお子様を出産された女性からのご相談です。

先日出産を終え、お義母様のご友人様からも出産祝いを多く頂いたそうです。

その際の出産内祝いを贈る時期について疑問があるそうです。

出産内祝いをお盆に贈るのは失礼なのでしょうか?

 先日の出産に伴い、お義母さんのご友人様からもたくさんの、出産内祝いをいただきました。

夫に早く内祝いを用意してと言われ、最近やっと手配を済ませ、7/15日頃の、世間一般ではお盆の時期に、それぞれの贈り先様の元に、内祝いが届くように郵送しました。

ですがそのことを知ったお義母さんには、お盆に内祝いを贈るなんて失礼極まりないわ!と怒られてしまいました。

知らなかったとはいえ、素直にお義母様にはとても謝りました。

ですが、聞いたことがなかったのですが、お盆に内祝いを贈るのは、失礼なのでしょうか?


お悩みへの回答

最近では意識は薄れてきたものの、基本的にはお盆に内祝いを贈られるのは、避けた方が良いとされています。

基本的にはお盆に内祝いを贈られるのは、避けた方が良いとされています。

 最近では、質問者様が耳にしなかったように、内祝いをお盆に贈るのは避けた方が良いという意識は、薄れてきてはあります。

ですが基本的には、故人を偲んで過ごすお盆には内祝はは避けるべきとされています。

実際、盆月8月(関東の一部では7月)は例年内祝いが激減しているのも確かです。

最近の意識が薄れつつはあるものの、お祖母様の世代などの方々ですと、未だ根強くその意識があるので、ここは出産内祝いも、贈る時期はお盆の時期を避けられた方が無難でよいかと思われます。

また内祝いは、弔事などと贈る時期が被った場合は、弔事を優先するのがマナーとされているため、喪中明けや、四十九日後などのように、弔事が終わった後に贈るのがよいとされています。

そういった場合は、お礼のお手紙やお電話などは弔事関係なく、先に贈り先様に贈り、その際に、弔事が終わった後に内祝いを贈らせていただく事もお伝えするのがお薦めです。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 基本的には、故人を偲んで過ごすお盆には内祝はは避けるべきとされています。
  • 内祝いは、弔事などと贈る時期が被った場合は、弔事を優先するのがマナーとされているため、喪中明けや、四十九日後などのように、弔事が終わった後に贈るのがよいとされています。


ですね!!




3.ご友人様への出産内祝いにお薦めな品物。




  基本的に出産内祝いを贈る時期としては、産後1ヶ月ごろが最適とされています。

これには理由があって、生後30日頃に行われる『お宮参り』が、関係しているとされているからです。

そもそもお宮参りとは、住んでいる土地にいらっしゃる、その土地それぞれの守り神である、『産土神(うぶすながみ)』と言う神様に、赤ちゃんが誕生した、報告をするための儀式だとされています。

大昔から日本人は自然の恵みに感謝し、その中に神を見出し、先祖を尊敬するという文化を育ててきました。
このお宮参りでも、神様と赤ちゃんをご対面させ、ご報告をすることにより、健やかな成長を願う行事として行われており、それが終わって、晴れて周りの方々へのお披露目とされたというわけです。

ですので出産祝いのお返しであれば、生後約1か月後に行う「お宮参り」が済んでから、贈るのが良いとされています。

また、生後7日後に行われる『お七夜(おしちや)』と言う、赤ちゃんの命名書を飾り、お祝いをする行事に合わせて、内祝いをする場合もあります。

ですが、最近では産後1週間は入院をされてる方が多く、手配などにも手が回らないことから、産後1ヶ月後の、お宮参りの頃に贈られる方が多いです。

最後に、体調の関係もあるかと思いますので、生後1ヶ月ごろに贈るのが無理そうであれば、遅くても、生後2ヶ月程度の頃には贈る方が良いかと思われます。

どうしてももっと遅れてしまう場合には、贈り先様に一報、お詫びのお言葉といつ頃贈るのかをご連絡するのがお薦めかと思われます。




4.すでに「出産内祝いを贈るタイミングについて」経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「出産内祝いを贈るタイミングについて」経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


職場の方たちへの出産内祝い(お返し)を贈る時期
出産祝い金のお返しの時期
出産祝いのお返しや内祝いを贈る時期
いつまでに出産祝いのお返しや内祝いを贈ればいいの?正しい時期とマナー
出産祝いのお返しを贈る時期
職場の上司へ出産祝いのお返しを贈る時期や渡し方などのマナー
出産内祝いを贈る時期
いつまでに出産内祝いを贈ればいいの?正しい時期とマナー
出産内祝いやお返しを贈る時期
いつまでに出産内祝いやお返しを贈ればいいの?正しい時期とマナー
出産内祝いを贈る時期
いつまでに出産内祝いを贈ればいいの?正しい時期とマナー
出産のお祝い返しの時期はいつまで?
出産祝いのお返しのタイミングはいつ?
出産祝いのお返しに関するマナー
出産祝いを頂いた方へお祝い返しを贈る時期
出産祝いのお返しの時期はいつまで?
出産祝いのお返しの時期
赤ちゃんの出産内祝いを贈る時期
出産お祝い返しの相場金額と渡す時期
出産のお祝い返しを贈る時期やポイントは?
出産のお祝い返しを贈る時期やマナーは?
いつまでに出産内祝いを贈ればいいの?失敗しないタイミング
出産内祝いをいつまでに贈ればいいの?正しい時期やマナー
出産内祝いはいつまでに?正しい時期
出産内祝いはいつまでに?正しい時期
出産後、内祝いはいつまでに贈ればいいの?
出産祝いを頂いたら、内祝いはいつまでに贈る?時期やマナー
出産祝いのお返し・内祝いを贈る時期
赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方へ内祝いやお返しを贈る時期
出産祝いのお返しはいつまでに贈ればいいの?失敗しないタイミング
赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方へ内祝いやお返しを贈る時期



職場の方たちへの出産内祝い(お返し)を贈る時期

「職場の方たちへの出産内祝い(お返し)を贈る時期」についてご紹介いたします。

出産祝いを働いている職場の方たちから頂く場合がありますが、そのような場合に出産内祝いお返し職場の方たちへ贈る時期は、出産後の一ヶ月から遅くても二ヶ月以内だといえます。
もちろん、出産内祝いお返し職場にもっていくのは大変かと思いますので仲の良い同僚や先輩などがいたらその方に渡してもよいでしょう。

職場の方たちからまとめて出産祝いを頂いた場合は、職場の休憩時間などで食べられるスイーツやコーヒーや紅茶などの飲み物のアソートセットなどでもよいでしょう。
職場の方からでお祝いをまとめてではなくて、個別にお祝いを頂いた場合は、そのお祝いを頂いた方あてに郵送などで出産内祝いを贈るようにしましょう。
お返しは、頂いたお祝いの三分の一から半額程度のものを選びます。
その際には、日用品などの品物やカタログギフトや商品券などを選ぶと良いでしょう。

カタログギフトは、インターネットからも注文することができますし、前もって店舗でカタログギフトのカタログなどを取り寄せておいても良いでしょう。
また内祝いの商品として日用品などを選ぶさいには、自分では買わないちょっと高級なタオルセットや食器のセットなどもおすすめです。



出産祝い金のお返しの時期

出産祝い金のお返しの時期は、基本は1~2ヶ月以内にします。
出産祝い金をもらうタイミングも様々だと思います。

入院中にお見舞いに来てくれた家族や親戚、友達などの場合は、母子ともに健康が確認できて、家に帰って少し生活が落ち着いてからが良いと思います。
だいたい1?2ヶ月以内です。
入院中にお見舞いに来てくれるほど親しくはないが、気を遣って赤ちゃんとの生活が落ち着いてから数ヶ月後に頂く場合もあります。
そんな時は、だいたい1ヶ月を目安にお返しをすると良いでしょう。

お返しするものとしては、誰もが使ったり食べたりするものが良いでしょう。
たとえば、タオル、お米、調味料、ジュースなどです。

また相手の好みが分からず何をお返しして良いのかわからない場合は、カタログギフトが大変便利です。

様々な商品がカタログギフトには載っていますし、相手が自分の好きなものを受け取ることができるので、相手にも喜ばれるお返しではないでしょうか。

出産祝い金のお返しは、一般的に内祝いと呼ばれています。お返しを送る際ののしは「内祝い」と記載し、のしの下の部分は赤ちゃんの名前を記載します。
出産祝い金のお返しをすることは、一般的に暗黙の了解ですし、時期は1?2ヶ月以内にします。
あまり遅いと、ママや赤ちゃんに何かあったのか心配されることにもなりかねません。
忘れないようにお返しはしましょう。



出産祝いのお返しや内祝いを贈る時期

出産はその一族にとってたいへんおめでたいことだったので、昔は赤ちゃんが生まれた家が赤ちゃんが生まれたことを知らせて、当家にとってのおめでた事のおすそわけの意味合いから、なにがしかの品を親戚や近隣などに配りました。

その「のし」はまさしく内祝で、当家内の祝い事の意味でした。
現代では、「のし」に内祝の字を残していますが、どちらかと言うとお祝いをいただいた方へのお返しの意味合いがつ陽くなっています。

「出産祝い内祝い時期」については昔からのお宮参りが済んだ頃となっていて、産後一か月くらいが目安です。

「出産祝い内祝い時期」については産後一か月というのが冠婚葬祭のマナーとして定着しているので、あまりにお返しを贈るのが遅れてしまうと「いったいどうしたのだろう?赤ちゃんやお母さんに産後何か問題があったのだろうか?」と言った不安を持たせてしまいます。

慣れない育児で忙しい中内祝の用意をするのはたいへんです。
内祝いの品をカタログギフトにすると、いろいろな面で便利です。

お返しの品はカタログギフトに掲載された品の中から、お好みの品を選んでいただけるので、貰った側にも喜んでいただけます。
贈る品には内祝いにふさわしいのしや包装紙を使ってくれるので安心です。



いつまでに出産祝いのお返しや内祝いを贈ればいいの?正しい時期とマナー

「いつまでに出産祝いのお返しや内祝いを贈ればいいの?正しい時期とマナー」についてですが、どんなに遅くなっても赤ちゃんが生まれてから二カ月以内にお返しの品を内祝として送るようにしましょう。

産後二か月以上たってからお祝いをいただくこともありますが、そういった場合には、出産祝いをいただいてから一週間から一か月以内にはお返しの品を送るようにします。

出産後一カ月と言うと、ちょうど赤ちゃんを地元の神社に抱いてお参りする頃です。
赤ちゃんとの生活にも少し慣れて、育児も落ち着いてきた頃でしょう。

とは言え、赤ちゃんとの生活はめまぐるしく、あっという間に過ぎてしまいます。
赤ちゃんが生まれる前から「出産祝い内祝い時期」については留意しておくことが大切です。

冠婚葬祭の上でのマナーとしてはいつまでが正しいのかと言うと、産後一か月だと言われています。

「出産祝い内祝い時期」の一か月を大幅に外れることがないようにしましょう。
内祝いの品としては、カタログギフトの利用がたいへん便利です。
さまざまな冠婚葬祭のルールにかなった品やのしなどについても、カタログギフトの会社はよく心得ているので、わからないことは相談にも乗ってくれるので安心です。



出産祝いのお返しを贈る時期

出産のお祝いを頂戴したら、感謝の気持ちを込めてきちんとしたお返しをしたいものですね。
出産のお祝いのお返しは出産内祝いといいますが、こういったことはしきたりのあるものですから、マナー違反にならないように気をつけましょう。

その点、カタログギフトであれば、出産内祝いにふさわしいお品ばかりが取り揃えられていますので安心です。
カタログギフトは贈られたお相手がお好きな品を選べるという点も好評です。
贈る方も信頼がおけるものですし、贈られる側も選ぶ楽しみがあるカタログギフトは、出産内祝いとしてお勧めです。

およその予算ですが、一般的には頂戴したお祝いの三分の一から半分程度のお品を贈るということになっています。
あまり高額ですと、却って失礼にあたる場合もありますから注意しましょう。

また、出産祝いのお返しの時期としては、産後1カ月以内を目安にすると良いでしょう。
慣れない赤ちゃんのお世話で大変な時期かもしれませんが、事前に準備をしておけば安心です。
出産祝いのお返しの時期を外さないように心がけたいものです。

お祝いを頂戴したら、どなたから、いつ、いくら頂戴したのか、などをきちんと整理しておきましょう。
カタログギフトであれば様々な価格帯のものからチョイスできますので、大変便利です。



職場の上司へ出産祝いのお返しを贈る時期や渡し方などのマナー

出産のお祝いへのお返しを出産内祝いと言いますが、職場の上司の方へお返しをする場合は、目上の方ということもありますし、これからもお世話になるとことも多いでしょうから、特にマナーには気をつけましょう。

一般的に内祝いの相場は、頂戴したお祝いの三分の一から半分程度ということになっています。
特に目上の職場の上司の方へは、あまり高価なお返しをすることは却って失礼にあたることもありますので注意が必要です。そして贈るお品には、マナーとしてきちんとのしをかけたものをお贈りしましょう。

カタログギフトであれば、価格帯も様々なものが用意されています。
また掲載されているお品はどれも出産内祝いとして適当なものばかりですから、職場の上司への内祝いとしては安心してお贈りできるかと思います。

出産祝いのお返しの時期ですが、産後1カ月以内を目安にしましょう。
あまり遅くならないように事前に準備しておけば安心です。

カタログギフトであれば贈る手間もあまりかかりませんから、出産祝いのお返しの時期を外してしまうというマナー違反も防ぎやすいですね。

また、内祝いに、お祝いを頂戴したことへの感謝の気持ちをきちんと手紙にしたためて添えるようにしましょう。



出産内祝いを贈る時期

「出産内祝いを贈る時期」については、赤ちゃんが産まれて一か月くらいに時期にお宮参りをすることが多いので、その頃におかえしを贈るようにしましょう。
若い両親でお宮参りはしないという場合にも、「内祝い出産時期」としては、だいたい出産後一カ月くらいが目安になります。
遅くなってしまっても「内祝い出産時期」は出産後二カ月を超えないように気をつけましょう。

赤ちゃんの生まれたことを知って、祝福の気持ちで出産祝いを贈ってくださった方は、この「内祝い出産時期」については、だいたい経験上、あるいは冠婚葬祭について書かれているものなどから、出産後一カ月くらいになると、もうそろそろお返しが届くはずだと心待ちしてくれています。

あまりに遅れてしまっては、赤ちゃんやお母さんに何かあったのではないかと心配をさせてしまいかねません。
そういった意味でも、遅くとも出産後二か月以内にお返しを贈るように心掛けることは大事です。

お返しには、忙しく慣れない子育ての合間に内祝の品選びをするのはたいへんなので、カタログギフトを利用することをおすすめします。
カタログギフトにはいろいろなタイプのものがあるので、出産の内祝にふさわしいお返しができます。



いつまでに出産内祝いを贈ればいいの?正しい時期とマナー

「いつまでに出産内祝いを贈ればいいの?正しい時期とマナー」についてですが、赤ちゃんが生まれたことを知ってお祝いをして下さったのがお宮参りの前であった場合には、お宮参りが済んだらお返しを送るようにしましょう。

赤ちゃんが生まれたことを知ったのが、お宮参りよりも後になった場合には、いただいてすぐ翌日などといった極端なことはせずに一週間から一か月くらいの間にお返しするのが「内祝い出産時期」と言えます。

出産後一カ月と言うのが「内祝い出産時期」としての目安になるので、あまりに長い間いつまでもお返しをしないというのはマナーにかなっていません。
「内祝い出産時期」どころか、全くお返しをしないというのは、お祝いをした方に出産後何かあったのではないかと不安にさせることになり、おめでたい出産ということにふさわしいことではなくなります。

冠婚葬祭のマナーとしては「内祝い出産時期」は産後一か月というのが一般的です。
きちんとお返しをすることも赤ちゃんの親としてのありかたです。

お返しにはカタログギフトを利用すると、お返しを貰った人にも喜んでいただけます。カタログギフトの中から好みの品を選んでいただけるので無駄もありません。



出産内祝いやお返しを贈る時期

出産すると友達や親しい人、上司などから出産祝いをいただくことがあります。
そのためお返しに何を贈るか考えないといけないですが、産後は体調が優れないことや育児に追われたりしてなかなか思うように進まないことがあります。また、出産内祝いお返し時期はいつにしたらよいか悩むことがあります。

赤ちゃんが産まれると、お宮参りといって出産1か月後ぐらいに氏神様へあいさつに行く習わしがあります。
その頃になるとお母さんの体調もだいぶ戻ってきますし、赤ちゃんも丈夫になってきつつあります。
そのため出産内祝いお返し時期はお宮参りが終わった出産後1か月ぐらいが良いでしょう。

お返しの品としてはカタログギフトやお菓子、タオルといった消耗品が良く選ばれます。
赤ちゃんの名前の入ったものも贈ることが多いですが、その際には相手の事も考え、砂糖など消耗するものを中心に選ぶと良いです。

出産内祝いは郵送で送る場合もありますが、実際にお祝いをいただいた家まで訪ねることもあります。
この場合、あまり重いものを持つとお母さんの体にも負担になります。
そのためカタログギフトのような軽いものが良いでしょう。

郵送の場合も直接の場合もメッセージカードのようなものを添えるとより心がこもったものになります。



いつまでに出産内祝いやお返しを贈ればいいの?正しい時期とマナー

出産内祝いお返し時期はいつまでにしたらよいのか悩みます。
実際出産祝いは出産直後にもらうことが多いので早めにお返しした方が良いのでは、と思いますが、産後はお母さんにとっても大事な時期ですし、赤ちゃんにとっても外の空気に長時間触れさせるのは良くありません。
そのため、お返しが届いたらすぐにでも手紙か電話でお礼をのべておくと良いです。
遅くても3日以内には連絡をするようにします。

カタログギフトなどを贈る出産内祝いお返し時期は産後1か月たった、お宮参りぐらいが目安です。
このころになると母子ともに体がしっかりしてきつつあるので、この時期にお返しすると良いでしょう

。なお、カタログギフトなどの品物にはのし紙をつけます。
こののしには内祝いと書き、下に子どもの名前を書くようにします。
こうすることにより子どもの名前も覚えていただくことができます。

いつまでに出産内祝いを贈るか、といえば産後1か月たった頃です。
お宮参り後、その報告とともにいただいたお家へ訪問するのも良いです。
その際、長居は赤ちゃんのためにも相手のためにもしないようにしましょう。
また、ただ品物を贈るだけでなく、名前の由来など書かれた自己紹介メッセージを添えるとより親近感がわきます。



出産内祝いを贈る時期

出産内祝い時期に関してですが、いつ頃にお返しを贈るのが適当なのか迷う方も多いかと思います。

出産内祝い時期は、一般的にだいたい頂いてから1か月以内に贈るのがよいとされています。
ただし、お返しの時期は、出産祝いならこちらは育児が忙しいということを相手も理解してくれるはずなので、少しくらい遅れることがあっても問題はないように思います。

ですが、感謝の気持ちを示すためにも、頂いたら早めに返すということを心がけると良いと思います。

お返しの方法ですが、カタログギフトが便利で、ものを選ぶ手間も省けるのでおすすめです。
カタログギフトは、お返しを送る相手にカタログを送付し、その中から相手に選んでいただくというものです。
相手の趣味で選ぶことができるので、大変効率が良い方法です。

例えば、1人暮らしをしていない友人にキッチン用品を送るのは間違っていますよね。
カタログギフトなら、カタログの中にキッチン用品、インテリア、食べ物など、様々なジャンルがあるので、相手のライフスタイルに合った商品を選んでもらえます。
また、相手に「選ぶ楽しさ」というものを感じてもらえるので喜ばれることが多いです。みなさんも、カタログギフトを送ってみてはいかがですか。



いつまでに出産内祝いを贈ればいいの?正しい時期とマナー

出産内祝い時期についてですが、いつまでにお返しを送ればよいのか迷うこともあるでしょう。
お返しについては、相手がいることなので、きちんとマナーを守って相手との関係を保つのが大切とされています。

お祝いはたいてい生まれてから1か月以内に頂くことが多いです。
ですので、出産内祝い時期は、生後約30日に行われる「お宮参り」の時期あたりが良いのではないでしょうか。

生後すぐにお祝いを頂き、お宮参りあたりでいただいた方々に一斉にお返しをしてもマナー違反ではありません。
なにかと忙しい時期でもありますので、カタログギフトなど、相手に選んでもらえる商品がよいでしょう。

カタログギフトなら、贈る人それぞれの趣味を考慮しなくとも相手が選んでくれますし、選ぶ楽しさもあるのでハズレはないでしょう。

1か月以内がベストだと言っても、1週間ほど前後してしまうことも問題ありません。

妊娠中の余裕があるときに、内祝いをいつまでに誰に贈るのか、内祝いを頂けそうな人の住所などを整理しておくと後々便利です。
内祝いに関しては出産後忙しいとはいえ、あまりにも遅くなってしまうとマナー違反になってしまいますので、計画的に準備し相手に失礼のないようにしましょう。



出産のお祝い返しの時期はいつまで?

出産のお祝いをいただいたら、お返しを用意しないといけないとは知っているものの何だかバタバタして用意できていない・・・。適切なお祝い返し出産時期が気になってきますよね。
常識的にはいつまでにお祝い返し出産時期を用意すれば良いのでしょうか?

お祝いをくださった方へお返しを渡すお祝い返し出産時期は産後1か月くらいを目安にすれば良いと言われています。
しかし、厳密に1か月ピッタリである必要はありません。
産後はママもまだ体調が万全ではありませんし、なかなかお返しを用意するのも大変です。
よって、もう少し時間的には余裕をみても許されますよ。

いつまでかと聞かれると、遅くとも産後2か月くらいまでにはお返しできるよう計画的に準備をしましょうという回答になるでしょう。

この産後の忙しい時期に滞りなくお返しを用意するコツは、お祝いをいただいたら誰から何を(もしくはいくら)お祝いでいただいたかメモしておくことです。

お返しの相場は基本が半返し。目上の方や親戚など大きな金額を包んでくださった方へは3割返しと言われてます。
ですから、メモをみればお返しに用意する商品の予算がわかりますね。
この予算メモから、スピーディーにお返しを用意する方法は、カタログギフトを選ぶこと。カタログギフトなら予算さえわかっていればすぐにお目当ての商品が見つかりますよ。



出産祝いのお返しのタイミングはいつ?

赤ちゃんを妊娠すると親戚などに知らせてお祝いをしてもらうことになります。
親戚だけでなく友人や知人、勤め先の同僚など多くの人からお祝いをいただきますが、無事に赤ちゃんが生まれるとお返しをしなくてはいけません。

お祝いをして下さった方への感謝と、赤ちゃんが生まれたことの報告などの意味を込めて、出産返しをしましょう。

お返しをする時期に関しては、「出産祝いのお返しのタイミングはいつ?」と、初めての出産などで分からない人も多いことでしょうが、冠婚葬祭には昔からある程度の決まりごとがあるのでそういった決まり事をたいせつにしなくてはいけません。

出産返しのタイミングについては、だいたい赤ちゃんが生まれてから一か月くらいの頃とされています。
地方によっても違いはありますが、一般的にはお宮参りのころという風になっています。

お祝いをした人にしてみれば、一か月しても音沙汰がなく二か月してもという場合には、いったいいつになったら送ってくるのかと不審な感じを持ちます。
せっかくのお祝いの気持ちを大事に、カタログギフトなどを利用してお返しの内祝いを贈るようにしましょう。
カタログギフトは受け取った人に喜んでいただける品を選ぶことができます。



出産祝いのお返しに関するマナー

「出産祝いのお返しに関するマナー」についてですが、まず時期についてのマナーが挙げられます。
赤ちゃんが生まれると、親戚や知人・友人などからお祝いをいただきます。

赤ちゃんのための金封やベビーウエア、赤ちゃんの紙おむつで作られたケーキやおもちゃなどのベビーグッズなどさまざまな品が届きます。どれもが赤ちゃんが生まれたことを祝福しているものです。
こうしてお祝いをしてくれた人には感謝の気持ちを込めてお返しを贈らなくてはいけません。

出産返しの時期には昔からの決まりごととして、産後一か月くらにというのが一般的です。
赤ちゃんが生まれて、母子ともに育児の生活に慣れて、地元の神社に無事出産の報告と赤ちゃんの健やかな成長を祈願するお宮参りに行くのが、産後約一か月となっているからです。

お宮参りが済んだ頃には、お祝いをした人は出産返しが届くのを心待ちしてくれています。
赤ちゃんの名前はどんな名前が命名されたのかなぁと楽しみにもしてくれています。
そういった方に心配をかけないように、遅れないようにお返しを贈るようにしましょう。

内祝いの品にはカタログギフトがおすすめです。いろいろな品が掲載されているカタログギフトは受け取った人にも喜んでいただけます。



出産祝いを頂いた方へお祝い返しを贈る時期

「出産祝いを頂いた方へお祝い返しを贈る時期」についてご紹介いたします。

出産をすると家族や親戚、友人、会社の同僚などからお祝いを頂く事がありますが、出産祝いお祝い返しの品物を贈る時期はいつくらいなのでしょうか。

一般的には出産祝いお祝い返しを贈る時期は、赤ちゃんが産まれてからお宮参りの時期くらいまでとされています。
遅くても出産をしてから2ヶ月くらいまでの相手に贈ると良いでしょう。
お祝いのお返しを贈ることが遅くなってしまっては相手に対して失礼になってしまうため気をつけたほうが良いでしょう。

まとめてお宮参りくらいの時期におくりますので、それまでにお祝いを頂いた方の名前や住所、金額、品物などをリストアップしておけばお祝いのお返しを贈る時にもれがないでしょう。

お祝いのお返しは、お店などで選ぶ場合もありますしインターネットサイトなどから注文する場合もあります。
出産後はなにかと忙しいですし、体調の回復などにも気をつけなくてはいけないためできれば出産をする前にある程度の品物や金額などのリサーチをしておくと良いでしょう。

お祝いのお返しにはカタログギフトなどが人気のアイテムです。カタログギフトは金額のラインナップも豊富なので贈りわけをするときにも便利です。



出産祝いのお返しの時期はいつまで?

出産のお祝いにいただいたものへのお返しは、大体いつまでにすればよいのでしょうか。

マナー違反にならない出産祝い返し時期は、いつまでと厳密に決まっているわけではありませんが、産後1ヶ月から2ヶ月までの時期に贈るのが一般的となります。
出産祝いを出産の直後にいただいた場合は、その1ヶ月後ということでも問題ありません。
産まれたばかりの赤ちゃんの世話は何かと大変ではありますが、もし遅くなってしまった場合は、お詫びする気持ちを添えておきましょう。

もし贈る先の弔事が同時期にある場合は、こちらからの贈り物を一旦控えるようにしましょう。
このような場合は、しばらく経ってから、喜びを強調するよりも、感謝が伝わるように配慮しながら渡しましょう。

このような出産祝い返し時期に遅れてしまわないように、出産前から始めておくのが有効です。
あらかじめリストを作っておき、出産祝いをいただいたら、その金額などをリストに加えていきましょう。

また、出産祝いのお返しとしてカタログギフトを贈るのも有効な方法です。
カタログギフトならば品物の選定は受け取る側にしていただけますので、何を贈るか迷っているうちに渡す時期が遅れてしまうといった心配がありません。



出産祝いのお返しの時期

出産祝いを頂いた時には、原則、お返しを送ることが基本的なマナーです。
ただし出産祝いのお返しが必要な場合と必要でない場合が有ります。

お祝いを頂いて、出産内祝いお返しおしゃれに行うには、贈り物をいただいてから、1週間から1か月までの間にお返しをすることが、マナーです。

そして、最近では、カタログギフトを利用して、出産祝いお返しおしゃれにプレゼントをする方が増えています。
なぜ、カタログギフトの利用が多くなってきているかと言うと、いくつもの納得できる理由が有ります。

それは、お祝い返しをお店まで、出産直後の母親が選びに行くには、負担がかかりますし、赤ちゃんもまだ病院以外の外出は控えた方が良い時期ですので、自宅でゆっくり選べる方法が一番良いのです。
そして、カタログギフトは、たくさんの商品の中から選ぶ事が出来て、見比べる事が出来ますので、出産祝いのお返しには最適です。そして、ギフトの最新の商品の紹介がされていますので、良い商品に巡りあえます。

お返しを送らなくて良い方は、仕事関係のお祝いや子供へのお返しは原則不要です。
お祝い返しをする方には、そのお返しの時期に気を付けて遅れないようにして、プレゼントする事が大切です。



赤ちゃんの出産内祝いを贈る時期

赤ちゃんの内祝いのお返しの時期ははっきり決まっているわけではありません。
出産のお祝いを頂くのは出産直後から1週間ぐらいに集中すると思いますが、最初のお宮参りの時期に合わせて赤ちゃんの内祝いをお返しするようにすれば問題ありません。

お宮参りの時期は生後一か月ですが、それまでに準備ができないときは少しぐらい遅れてもそれほど失礼には当たりません。
それでもいつまでもずるずるという訳にはいきません。
遅くても2カ月をめどに時期を決めてお返しするように心がけます。

出産後は何かと忙しくなるものです。
できれば出産前にできる範囲で準備に取り掛かるようにしておけば、出産後の忙しい時期の助けにはなります。
赤ちゃんの内祝いを贈らなければいけない方の予想を立てて住所録を整備しておくなどで、出産後の負荷が随分減少します。
さらに赤ちゃんの内祝いの贈り物を決めておけばあとあと頭を悩ますこともありません。
出産祝いの金額でお返しの額も変わってきますが、Takishinの赤ちゃんの内祝いギフトにすればお値段別に10種類のコースがあり、コースを変えるだけで対応できます。

又、出産祝いは遅れて頂く場合も考えられますが、そんなときにでもTakishinの赤ちゃんの内祝いギフトなら即座に対応することができるので大変便利です。



出産お祝い返しの相場金額と渡す時期

「出産お祝い返しの相場金額と渡す時期」については、一般的に頂いたお祝い金やお祝いの品のだいたいの値段に対して半分から3分の1くらいの金額が相場だとされていて、時期については、無事に出産して1か月ほどしてお宮参りが済んだころとされています。

「出産お祝い返し相場」は、一般的におめでたいことについてのお祝いをいただいたときにお返しをする相場が半分から3分の1とされているので同じようにお返しするのが良いでしょう。

お祝いをした方は無事に赤ちゃんが生まれたことを心から祝ってくださっているのですから、お返しを期待してお祝いをしているわけではありません。
しかしその思いに甘えて、お返しをしないというのではマナー違反です。
きちんとお返しをしてこそ赤ちゃんの親としてのお付き合いが始まります。

「出産お祝い返し相場」を把握してお返しをしましょう。カタログギフトには金額に応じた品物がいろいろ掲載されているものがあるので利用すると便利です。
お返しを何にしようかと悩む必要もなく、カタログギフトを受け取った方がさまざまな種類の品物の中から自分が欲しいと思う品を選ぶことができるのでムダがなく、喜んでもらうことができます。



出産のお祝い返しを贈る時期やポイントは?

出産という人生のとても大きな喜びの時、沢山の方からお祝いされるのは大変嬉しいものですね。
ではいただいた出産のお祝い返しの時期はいつ頃までにするべきなのでしょうか。
また気をつけたいポイントはなんでしょうか。

出産のお祝いのお返しは、幸せのおすそわけであり、これまで見守ってくださった方への感謝の気持ちでもあります。
出産のお祝い返しの時期は、赤ちゃんが産まれてから1ヶ月頃までの間にいただいたお祝いについては、1か月、お宮参りの頃を目途にまとめてお返しを贈りましょう。
もしなんらかの理由で遅れてしまったとしても、お祝いをいただいた後2か月以内にはお贈りしなければいけません。

気をつけたいポイントとしては、このお宮参り前後というのは、赤ちゃんへの授乳間隔が短く、パパもママも育児に不慣れで疲れている時期です。
できれば、妊娠中からどんな品物がいいか、事前調査しておくといいでしょう。

もし何も決めていなかった場合、カタログギフトを選ぶという方法もあります。
これなら、通販でも頼めますので、人ごみの中を品物を選びに行くという手間も省けます。
贈った相手が好きなものを選べますので、このカタログギフトはもらう側からも大変喜ばれおすすめです。



出産のお祝い返しを贈る時期やマナーは?

出産のお祝いをいただいた際、出産のお祝い返しの時期お返しについて、ご存じでしょうか?

出産祝いは子どもの誕生を喜んで贈ってくださるもの。
我が子のこれからの成長を見守ってやってくださいというご挨拶と感謝の気持ちをきちんとお返しで表したいものです。

出産のお祝い返しの時期は、誕生の1か月後、お宮参りがある頃にはするべきとされています。
ただ、この時期は新米ママもパパも疲れが出る時期です。

何にしてよいか品物選びに時間が取れない場合、カタログギフトはどうでしょうか。
カタログギフトであれば、品物をこちらが選ぶ手間はなく、もらった相手の好みで選べるので大変喜ばれます。

次にマナーについてもご紹介します。
お祝いをいただいたら、まずはなるべく早いうちに電話などでお礼の気持ちを伝えましょう。
また、お返しを贈る際は赤ちゃんの名前を皆さんにお披露目する良い機会にもなりますから、お礼状などには赤ちゃんの名前をフリガナも添えて紹介するようにしましょう。
お祝い事ですので、品物には紅白で蝶結びの水引の熨斗紙をつけ、水引の上半分には「出産内祝い」と書き、水引の下半分には赤ちゃんの名前を記入するようにしましょう。

大切な我が子の祝い事、マナーを守って失礼のないよう気を付けましょう。



いつまでに出産内祝いを贈ればいいの?失敗しないタイミング

自分が又は奥さんが出産した場合、周りの方々から出産のお祝いを頂く事になるでしょう。

このように出産のお祝いを受け取ったら、それに対して出産内祝いという形でお返しをするのがマナーです。

この出産内祝いをいつまでにお返しすれば良いというタイミングですが、一般的には、お宮参りの頃、つまり産後1ヶ月ぐらいまでにはお返しするのが良いとされています。
ですが、産後1ヶ月というのはまだまだ母体も回復していませんし、赤ちゃんが病院から自宅(実家)に帰ってから言ってもそう日が経っていないので、なかなか準備が難しい場合もあるでしょう。
それでもせめて2ヶ月以内のタイミングにはお返し出来るようにした方が良いでしょう。

出産内祝いをいつまでにという事も非常に気になるところだとは思いますが、何をお返ししたら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

確かにお祝いを下さる方々は年齢層も関係性もバラバラという場合が多いでしょう。
そうなると「この人にはこれが良さそうだけど、あの人にはこっちの方が良さそう」となり、だからと言って、その人それぞれに合わせた品を選んでいるような余裕も無いのが現実です。

そのような場合に役立つのがカタログギフトです。
カタログギフトならお返しした人それぞれに好みの物、必要な物を自由に選んで貰う事が出来ます。



出産内祝いをいつまでに贈ればいいの?正しい時期やマナー

出産祝いを頂いたら、それに対して出産内祝いというお返しをする必要があります。

この出産内祝いをいつまでにお返しするのがマナーかと言うと、出来たらなるべく早い時期にお返しするのがマナーですが、なかなか難しい場合も多いでしょう。
それでも産後1ヶ月か、遅くても2ヶ月以内には全ての人にお返し出来ているようにしましょう。
ですが、産後というのは何があるか分かりません。なかなか体力が回復しない場合もあるでしょうし、上手い具合に時間が作れない場合もあります。

ですから、出産前に出産内祝いリストなどを作成しておいたら良いかもしれません。
おそらく出産祝いを下さるであろう方の郵便番号、住所、電話番号などをリスト化しておくのです。
そしてこのリストを作成すると同時に、「出産内祝いをいつまでにお返ししたら良いのか?」という問題と同じぐらい悩むであろう「どんな物をお返ししたら良いか?」を考えておくと産後慌てずに済むでしょう。

何をお返しするか考えてもなかなか思い付かないという人にはカタログギフトがおすすめです。

最近とても人気の出産内祝いという事もありますが、カタログギフトなら相手を選びません。その人それぞれが好みの物を選んでくれるので安心です。



出産内祝いはいつまでに?正しい時期

子供の出産内祝いいつまでにお返しをしたらよいのでしょうか。

一般的には、お宮参りを行う生後1ヵ月頃がお返しをする時期と言われています。
目安としては、出産して1ヵ月頃までに頂いた出産内祝いについては、産後1ヵ月を過ぎた頃にお返しを行うようにして、それ以降遅れて頂いたお祝いについては、その都度時期をみてお返しをするようにしましょう。
出産内祝いいつまでという決まりはありませんが、母子共に健康な生活を送れている場合には、2か月も3ヵ月も内祝いを贈らないと失礼です。

選ぶのが大変な場合は、先方に選んでいただけるカタログギフトを利用するのも便利です。
出産前にある程度お返しの品を選んでおいて、その品があまり喜んでもらえないような相手から出産祝いを頂いた場合はカタログギフトを贈るようにするなどと、自分たちの中でルールを決めておくと、出産後にすんなりとお返しを贈ることができます。

出産後は思うように時間がとれないことが多いので、産前の準備として出産内祝いの品を考えておくことも大切です。
今では産後半年でお祝いを頂くケースなども珍しくないので、産後半年くらいまではお返しを贈る機会があるかもしれないことを覚えておきましょう。



出産内祝いはいつまでに?正しい時期

一般的にお返しを行う時期は、お宮参りを終わらせてから順番にお返しを行うのが一般的です。
内祝い出産いつまでに準備すればよいのかというと妊娠期間中に行うのがスムーズとなります。

出産後は育児も含めて忙しい時期になってくるので予め内祝い出産いつまでにしておくと日数を決めて置くとスムーズに過ごせるようになります。

準備が難しい場合はカタログギフトを送るという事で、出産祝いを贈っていただいた相手の方にカタログギフトを見ながら楽しんでもらえるというメリットもあるのでどんなものがお返しに相応しいかどうかと選ぶ時間を作れない場合にもおすすめです。

出産祝い頂いたら、遅くとも数日中にはお礼の連絡をするのが好まれます。
お礼の気持ちとして品を渡して喜んでもらえるタイミングは貰ってから1か月以内に送るのが一般的です。
また、頂いてからすぐに品物を渡す場合は、相手方に対して失礼となるので、早くとも2週間以上は間を開けてから届けるのがスマートです。

気を付けておきたいのが、出産内祝いを貰っていることを忘れてしまったという場合です。
うっかりするという事は誰しもありますが、人数が多くなってくると頭の中で把握することが難しくなるので、きちんと頂いた方のお名前はメモして置くことが大切です。



出産後、内祝いはいつまでに贈ればいいの?

かわいい赤ちゃんとの生活が始まると、育児に追われてたくさんの方からいただいたお祝いのことに思いが及ばないことがありますが、できれば丁寧にお礼の手紙を書き、内祝いの品を送らせていただきましたと書き添えて、お返しの品を発送するのが望ましいと言えます。

ただそういった時間が作れないという人も多いので、最近ではお例の手紙は省略してメッセージカードを添えたりしてお返しをします。

いつまでにお返しをしたらいいか悩んだら、お返しをする時期は「出産後の内祝い」などの検索ワードで検索してみると詳しく書かれているものもあります。
また地方によってはその土地ならではのルールのようなものがあったりしますが、一般的に「出産後の内祝い」のお返しを送るのは、お宮参りが済んだ頃ということで、だいたい一か月ぐらいとされています。
お祝いをいただいたのに、いつまでもお返しをしないというのは失礼ですから、ある程度のうちにきちんとしたお返しの品を送るようにしましょう。赤ちゃんが生まれたことを祝ってくださった方に、内祝いのしるしとしてカタログギフトを利用する人も増えています。
便利で受け取った人が自分の好みのものを選ぶことができるカタログギフトに人気があります。



出産祝いを頂いたら、内祝いはいつまでに贈る?時期やマナー

出産が終わると、出産祝いとして現金やお祝い品を頂くことがあると思います。
当然、頂いた方にはお返しとして内祝いを贈るのがマナーです。

贈る時期としては、出産1カ月後くらいが目安だといわれています。
それ以降に出産祝いを頂いた場合は、なるべくなら1週間以内にお返しを贈ると良いと思います。

出産直後にお祝いを頂いても、すぐには贈れない状況であることは相手もわかっているので、1カ月後に出産祝の内祝を贈ってもマナー違反にはならないと思います。
しかし、できれば出産祝いを頂いたらすぐにお礼の連絡はできると良いでしょう。
電話でなくてもお礼状を送っても良いと思います。

そのあとで出産祝の内祝を贈ります。
その内祝いにも、きちんとお礼のメッセージを書いておくようにしましょう。

お祝いの数が増えるたびにお返しを考えたり、郵送の手続きをするのはかなり面倒だと思います。
子育てが優先ですし、できれば気軽にお返しができれば良いですよね。
通販のカタログギフトであれば、内祝いの発送手続きがとても簡単です。
出産内祝いに最適なカタログを選んで、のしを付けて発送してもらうだけです。
注文するカタログギフトの数が多くなると割引になる場合もあるので、出産1カ月後の時期にまとめて頼んでしまうのもおすすめです。



出産祝いのお返し・内祝いを贈る時期

出産祝いのお返しの時期について、悩んでしまうママも多いようです。
出産祝いのお返しは産後どれくらいの時期に贈るのがよいのでしょうか?

産後1週間は多くの場合、ママはまだ入院していますし、退院してから出産祝いをくれる方もいらっしゃるでしょうから、あわててお返しをする必要はありません。
お祝いを戴いた方には、まずは電話などでお礼を伝えましょう。
その後、お返しを贈る時期としては産後1ヶ月程度が一般的です。

1ヶ月程度の時期なら、ママも赤ちゃんも新生活に少し慣れてきた頃ではないでしょうか。里帰り出産のママは自宅に戻ったり、お宮参りにこのくらいの時期に出かける地域もあるようです。
あわてなくてもいいと言いつつ、1ヶ月しかないと思うと不安になるママもいることでしょう。
そのような場合には、出産前からある程度の目星を付けておくというのも方法のひとつです。

出産祝いをくれそうな方を思い浮かべて、出産前の時間のあるときに、インターネットなどで出産祝いのお返しのギフトを調べてみるのもよいでしょう。
どのようなものが喜ばれているか知っておくだけでも、心に余裕を持つことができますね。

産後1ヶ月は何かとバタバタする時期でもあるので、余裕を持って用意ができるとママにとっても赤ちゃんにとっても良いですね。



赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方へ内祝いやお返しを贈る時期

「赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方へ内祝いやお返しを贈る時期」についてですが、産後一か月ほどたった頃にはお宮参りに行くのでその頃に贈ると冠婚葬祭のマナーにもかなっています。

冠婚葬祭のマナーとして、だいたい産後一か月が過ぎれば「赤ちゃん内祝いお返し」を届けることになっているので、赤ちゃんの誕生祝いを贈った人は、そろそろ赤ちゃんのお祝いのお返しが届くころだと思って待っています。
赤ちゃんのお名前はどんなものになったのかと楽しみにしてくれる親戚や友人もいることでしょう。

そういった心待ちにしていてくださる方へ、「母子ともに元気にしています、お陰さまで命名した名前は○○です。」という意味合いが籠っている内祝いの品がなかなか届かないというのは失礼になります。
余計な心配をさせてしまうことにもなります。
赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方へ内祝いやお返しを贈る時期には留意して「赤ちゃん内祝いお返し」を送るようにしましょう。

お返しの品はカタログギフトを利用すると便利で喜んでいただけます。
カタログギフトを受け取った人は、ブランドの雑貨やキッチンツール、リネン類から園芸用品まで、さまざまな品物が掲載されているので好みの品を選べます。



出産祝いのお返しはいつまでに贈ればいいの?失敗しないタイミング

赤ちゃんが生まれると、親兄弟、親戚や友人など、あちことから出産のお祝いをいただくことが増えると思います。

お祝いをいただくことは大変ありがたく嬉しいことなのですが、もらいっぱなしとうわけにはいきませんのでお返しに内祝いを用意しお渡しするのがマナーですよね。

ただ、このお返しに関してもやはり適切なタイミングというのがあります。
出産祝いのお返しはいつ?の理想的なタイミングは、産後30日前後で多くの場合お宮参りに行く時期と覚えておけばよいでしょう。

この頃に、内祝いが用意できているようなら、お返しできると良いのですが、産後ママの体力回復には個人差があり、また新生児を連れての外出はハードルが高いので、思うようにお返しの準備が進まないということもあるかもしれません。
そんな時にはお宮参りの時期を少し過ぎてしまってもOK。
ただし、遅くても産後2か月以内にはお返ししなければいけませんし、遅くなった場合にはお詫びの言葉を添えてお返しするのがマナーです。

出産祝いのお返しはいついつまでにしなければ!と焦ってしまうタイプの方は、産前に用意しておいても良いんですよ。
そもそも内祝いは親しい方を招待して喜びを分かち合うことだったわけですからね。

それでも、お祝いにいただく金額もわからないのに事前には用意しにくい、という場合におススメなのがカタログギフトです。
カタログギフトのお返しは事務的という印象を受ける方も中にはいるようですが、ただでさえ忙しい産後の時期ですから、この時期にカタログギフトをお返しに選んだところで文句を言う方は稀ですよ。



赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方へ内祝いやお返しを贈る時期

「売れ筋赤ちゃんギフトランキング」についてご紹介いたします。
出産祝いのお返しとしていただく出産内祝いの売れ筋赤ちゃんギフトランキングにはどのような品物がランクインしているのでしょうか。

赤ちゃんギフトランキングにランクインする売れ筋のアイテムは、浅草今半牛肉佃煮詰合せA白いご飯がおいしくなるセットなどがあります。

浅草今半牛肉佃煮詰合せA白いご飯がおいしくなるセットの価格は税込みで5,400円になります。浅草の老舗の味を贈りたい方にはおすすめのギフトです。
牛肉すきやきなど7つの種類の佃煮を楽しむことができます。次にランクインしたアイテムは菊太屋米穀店のお米で赤ちゃんです。価格は税込みで5,400円になります。

赤ちゃんの出生した時の体重と同じ重さの魚沼産コシヒカリを粋な和風のラッピングで仕上げて贈ることができます。
お米のラベルには赤ちゃんの名前と体重が明記されています。

それからゴディバクッキーアソートメントDなども売れ筋のアイテムです。
価格は税込みで1,080円になります。
とても軽やかなラングドシャの生地でチョコレートをはさんだクッキーです。
風味豊かなチョコレートとさくっとした感触を楽しむことができます。

お祝いのお返しにはカタログギフトも売れ筋のアイテムです。カタログギフトは出産内祝い用のカタログギフトなどもあります。




最後に。

 今回は出産内祝いを贈るタイミングについてのご紹介でした。

品物に対してだけではなく、贈る際の時期にも気配りをして、気持ちの良い贈り物にできるといいですね!

産後は何かとバタバタされ、大変な方が多いかとは思いますが、お返しのタイミングは忘れない様に気をつけてくださいね。

是非、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?



出産内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
出産内祝い マナー一覧
出産内祝いの熨斗。熨斗なしの出産祝いへのお返しや、短冊熨斗について。
出産内祝いのお礼状やメッセージカード!連名のお祝いへの対処や、面識のない方への対処。
ご友人様への出産内祝い。まとめて頂いたお祝いに対してや、他のものと合わせたお祝いへのお返し。お薦めの品物。
出産内祝いの一般的な金額。相場以上のお祝いを頂いた場合と、お返しへの金額がもし相場に満たなかった場合の対処について。
ご親族様への出産内祝い。贈るのが遅れている中、葬儀でお会いした場合。実家から既にお返しをしていた場合。
出産内祝いで商品券を贈る場合。2つの品を一緒に贈る場合や、上司に贈る場合。商品券を贈るメリット。
出産内祝いにお米ギフト。お米ともう一品を贈る場合や、自家栽培のお米を贈る場合について。
出産内祝いを贈る時期について。内祝いが2つある際に贈るタイミングや、贈るのにお盆や忌中を避けた方が良い理由。
出産内祝いの名前に関することについて。不妊治療中の贈り先様への心遣いや、熨斗の名前について。お薦めの名前入りギフト。
お悩み解決接客ブログ
産後忙しく、お返しを考える時間が持てない方必見です!
成功事例・体験談
すでに「出産内祝いの選び方についての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「出産内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
体験ストーリー「兄への感謝の気持ちからつながる未来への想い」
体験ストーリー「一大決心の妹を傍で応援する私が贈った内祝い」
体験ストーリー「素敵な贈り物のヒミツ」
体験ストーリー「兄が大好きな妹」
体験ストーリー「こころのトゲが消えるとき」
体験ストーリー「贈り物で思い出の味を」
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求


  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト