カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 内祝いお祝い返しのマナー > お祝い お返し マナー | マナー | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

お祝いのお返しのマナー

コンテンツ一覧

結婚のお祝いのお返しのマナー

結婚のお祝いのお返しのマナー結婚祝いのお祝い お返し マナーについて、金額と時期を詳しく説明したいと思います。まずお返しの金額相場は、頂いたお祝いの半返しが基本と言われています。高額なお祝いの場合は、相手にもよりますが3分の1程度のお返しでよい場合もあります。そして今1番人気のあるお返しはカタログギフトです。その理由は、頂いた金額の半返しをしやすいようにカタログの値段設定が細かくされていることと、カタログギフトの場合は、相手の方に好きな商品を選んでいただけるからです。贈る側が相手の好みを知らない場合でもギフトとして贈ることができるので非常に人気があります。それから結婚のお祝い お返し マナーとして重要なのはお返しを贈る時期です。一番適切な時期としてはお祝いを頂いてから1ヵ月以内にお返しを贈るのがよいでしょう。2か月以上過ぎてしまうと、お祝いを贈った側も忘れた頃に届いたと言われてしまう場合もあり、嫌な思いを相手にさせてしまうことになりますのでくれぐれも遅れないように注意しましょう。お返しを贈るのが遅れてしまったり、漏れてしまったりすることがないように、きちんとリスト化して頂いた金額とそのお返しの品と金額、手配をしたかどうかを常に確認できるようにしておくと間違いありません。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

出産のお祝いのお返しのマナー

出産のお祝いのお返しのマナー出産のお祝い お返し マナーは結婚とは少し異なる部分があります。まずお返しの金額は半返しから3分の1返しが一般的です。そして出産祝いの場合は、現金以外の物を頂く場合も非常に多くなっています。頂いたものがどのくらいの金額のものなのか、それを何人の人から頂いたものなのかを計算してお返しを贈る必要があります。個人で頂いたものに関しては、相当品であるカタログギフトをはじめとしたお返しを贈るようにしましょう。複数の人からお祝いを頂いた場合には、お返し専用のカタログギフトからプチギフトなど複数へお返しできるものを選んで贈りましょう。そして出産のお祝い お返し マナーとして、お返しの時期も大切です。目安としては出産後1ヵ月経ってから行うお宮参りを終えてから、お祝いのお返しを贈るようにしましょう。それまでの1か月間はお母さんの体を回復させる時間と赤ちゃんを外の世界にならしていく時間ですので、新生児を連れ歩いてギフトを選びにいくことは逆に非常識ですので気をつけましょう。産後1ヵ月過ぎ~2か月頃までにお返しを贈るのがベストなタイミングです。産前にある程度準備をしておくと、産後バタバタしていてもあせらずに手配をすることができます。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

お祝いのお返しの「のし」に関するマナー

お祝いのお返しの「のし」に関するマナー一般的なお祝い お返し マナーでのしに関することについて注意点を挙げてみたいと思います。まず結婚祝いのお返しの場合は、のしの表書きは「内祝い」「寿」のどちらかを結び切りの水引きの上に書き入れます。そして新郎の名字(新しい名字)だけか新郎新婦の名前を連名でのせるのが一般的です。出産祝いのお返しの場合は、のしの表書きは「内祝い」になります。そして赤ちゃんの名前をのせるのが一般的です。最近ではカタログギフト等のお返しの品と共にお礼のカードを作って、生まれた日付と身長・体重をのせたり、命名の由来をのせたりするものもあるようですが、贈る相手やその人の状況でカードを添える添えないを考えた方が配慮があると言われています。子どもの誕生は夫婦にとってはおめでたいことですが、いろいろな気持ちを持って受け取る人もいますので、あまり過剰な披露にならないよう、注意が必要です。今ではカタログギフト等のお祝い返しを注文すれば、きちんとした形式で受注先がのしを作ってくれます。しかしそれをすべて先方に任せるのではなく、確認ができるように自分の知識として知っておくことも大切です。お祝い お返し マナーにはその祝い事によって様々な決まりがありますので、その都度きちんと確認する必要があります。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース