カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 内祝いお祝い返しのマナー > お祝い返し 金額 | お祝い 返し | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

お祝い返しを贈る時期と金額

コンテンツ一覧

結婚のお祝い返しを贈る時期と金額

結婚のお祝い返しを贈る時期と金額

結婚のお祝いを頂いたときにお祝いのお返しを送る時期と金額についてご紹介します。結婚のお祝い返し 金額は、頂いた結婚祝いの半額程度を目安に贈ることが一般的だとされています。結婚の内祝いを贈る時期は、結婚式の後でなるべく早めに贈ります。だいたい1ヶ月以内にお返しを贈るとよいでしょう。しかし、お祝い返し 金額で、どのような品物を送るのかを迷われるかたも少なくありません。親しい友人などであれば好みもわかりますが、好みが分からない年配の方から結婚祝いを頂く場合もあります。そのような場合は、カタログギフトを贈ると良いでしょう。個人の好みもありますのでカタログギフトであれば、結婚祝いを贈ってくれた方の好みの商品を選ぶことができます。カタログギフトは、金額が低いものであれば2,000円台からあります。高額なものであれば50,000円代のカタログギフトもあります。カタログギフトは、グルメから家電、ファッション雑貨、小物、かばん、インテリア雑貨、キッチン小物などさまざまな種類のものがあります。最近のカタログギフトには、欲しいものを選ぶことができるのはもちろんですが、足したり分けたり、換えることも可能です。たとえば商品券から旅行券、百貨店の商品券、ギフトカードなども選ぶことが可能です。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

出産のお祝い返しを贈る時期と金額

出産のお祝い返しを贈る時期と金額

赤ちゃんが生まれて出産のお祝いを頂いた時に、お祝い返しを贈る場合は、贈る時期とお祝い返し 金額について迷われるかたも少なくないでしょう。そのような場合には、お祝いを頂いてから一週間から一ヶ月以内までにお祝い返しを贈ることを覚えておくとよいでしょう。お祝い返し 金額の目安としては、自分より目下の人の場合は、頂いたものと同額いらいのお返しを選ぶようにしましょう。そして自分と同等または目上の人にたいしては、頂いたお祝いの半額程度の予算でお返しを選ぶとよいでしょう。出産の内祝いの定番品といえば、タオルなどの生活雑貨が一般的です。その他にも砂糖やキッチンツールなど日常的によく使われるものを選ぶ場合が多いでしょう。例えば上質な感じのするブランド物のギフトセットは、内祝いを頂いた人にもきっと喜ばれることでしょう。また、自分たちではなかなか購入をしない由緒あるブランド物のカップとソーサーやキッチンウェアやクッキー、紅茶の詰め合わせなども人気の内祝い商品です。それでも、なかなか内祝いの商品に迷った場合はカタログギフトを選ぶと良いでしょう。カタログギフトは、好きな商品を自分で選ぶことができますのでおすすめです。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

入学のお祝い返しを贈る時期と金額

入学のお祝い返しを贈る時期と金額

入学祝いといえば基本的には親族の間で行うお祝いごとです。入学祝いを贈りあうのは、実は身内だけなのです。そのため入学祝いを贈る相手は、甥っ子や姪っ子くらいの間柄までだといえます。よほど、親しい間柄の付き合いであれば入学祝いを知人や友人にも贈るかもしれません。もしも、入学祝いを頂いた場合には、そのお祝いのお返しは、お子さんが入学式をしてから1ヶ月以内に贈ることが一般的です。忙しいからといってあまり日をあけすぎないようにしましょう。入学の内祝いを贈る先の住まいが遠い場合は、電話などできちんとお子さんのお礼を伝えるように促します。またお子さんの直筆のお礼状や入学式の写真を同封して相手先に贈るのも良いでしょう。内祝いを贈る先の住まいが近い場合は、お子さんが直にお礼を言えるように一緒に訪問をしましょう。入学内祝いのお祝い返し 金額としては、頂いたお祝いの金額の半額くらいから半額以上のものを目安にしましょう。お返しの品物は商品券やギフトカード、カタログギフトなどが多くをしめています。カタログギフトの場合は、お祝い返し 金額も贈る相手にわかりづらいですし、贈った相手に好みの商品を選んでもらうことができるためカタログギフトを選ぶ方も多いことでしょう。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース