カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 内祝いお祝い返しのマナー > 内祝いとは お返し | お返し | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

内祝いとは?内祝い(お返し)におすすめのギフト

コンテンツ一覧

内祝いとは?お返しとの違いや基本的なマナー

内祝いとは?お返しとの違いや基本的なマナー

「内祝い」と聞くと、「結婚の内祝い」「出産の内祝い」等を思い浮かべる人が多いでしょう。そして、「内祝い」=「お祝いを下さった方へのお返し」というイメージが強くなっているのが現状です。ですが、本来は内祝いとは お返しではなく、「内」=「家」つまり自分のところで起こったお祝い事を近所の方や親族の方などと分かち合う為に何かを贈る意味で、頂いたお祝いに対するお礼の気持ちで贈るお返しとは違う意味のものでした。ですが、最近では、本来の意味での内祝いが配られる事が少なくなってきたので、内祝いとは お返しと同じと捉えている人が多くなってきたのでしょう。本来の内祝いはお祝い事のおすそ分け的な意味なので、お祝いを下さらなかった方にも贈るという事は充分に有り得る事です。特に病気などで入院された時など、入院しているその間は仕事を欠勤してしまう事になります。そうなると、当然職場の人達にはご迷惑がかかっているわけです。ですから、長い間仕事を欠勤した事へのお詫びと心配して貰った事へのお礼、無事に退院できた事の報告を兼ねて、お見舞いを下さらなかった職場の方々にも「快気内祝い」といった形で内祝いを贈るのはよくある事でしょう。このように内祝いを贈る場合には、お祝い事があってからなるべく早い時期、遅くても1ヶ月以内には内祝いが贈れるようにするのがマナーでしょう。あまり高額な品物を内祝いとして配られるのも相手に気を遣わせる事になるのでマナー違反になるかもしれません。悩まれた時にはカタログギフトがお勧めです。カタログギフトなら、予算を指定してカタログを選ぶ事が出来ます。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

内祝いとは?結婚内祝い(お返し)におすすめのギフト

内祝いとは?結婚内祝い(お返し)におすすめのギフト

内祝いとは本来、「内」=「家」で起こったお祝い事のおすそ分けといった意味があります。ですから、内祝いとは お返しは、本当は違う意味なのです。ですが、最近では内祝いとは お返しの事と思っている人がほとんどかもしれません。例えば、結婚された時には、結婚式を挙げ、そこに出席して下さった方からは、ご祝儀を頂き、それに対しては引き出物という形でお返しする事になります。ですが、結婚式を挙げなかった、結婚式には出席して貰えなかった場合に、お祝いだけを下さる方というのもいます。そのような方にはお返しをする必要が出て来ます。内祝いの本来の意味からすると、お祝いを下さらなかった方でも、日頃から非常にお世話になっている方などに、自分のお祝い事のおすそ分けという形で内祝いを贈るというのも有り得る事です。お返しの場合は、だいたい頂いたお祝いの半分から三分の一程度の物をお返しするのが相場となっています。なので、結婚のお祝いの相場としたら、だいたい1万円ぐらいでしょうから、5千円ぐらいの物をお返しするのが相場でしょう。本来の意味での内祝いを贈りたいというなら、お気持ちで2、3千円ぐらいの物を選ばれても良いかもしれません。具体的に何を選ぶか迷われた場合にはカタログギフトがお勧めです。カタログギフトなら相手の方に品物を選んで貰う事が出来ます。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

内祝いとは?出産内祝い(お返し)におすすめのギフト

内祝いとは?出産内祝い(お返し)におすすめのギフト

内祝い=お返しと捉えている方も非常に多いでしょうが、実際のところ、内祝いとは お返しは別の意味のものです。お返しは、お祝いを下さった方へのお礼の気持ちを表したもので、内祝いは、自分のお祝い事のおすそ分けなので、内祝いとは お返しは同じではないのです。例えば出産した場合には、周りの方から出産のお祝いを頂く事になると思います。この頂いたお祝いに対するお礼の気持ちがお返しで、出産のお祝いは頂いていないが、日頃からお世話になっているとか、出産の嬉しさを一緒に分かち合いたいと思う人に贈るのが内祝いです。ですから、ご近所の方とかで日頃からお世話になっていたり、赤ちゃんが加わっての生活が始まると、「夜中に泣き声を上げたりとご迷惑をおかけするかもしれません」という気持ちも込めて内祝いをお配りするというのは有り得る事でしょう。お祝いに対するお返しなら、頂いたお祝いの半分から三分の一程度を相場としたら良いでしょうが、内祝いとなるとどれぐらいの物を選んで良いか迷われるかもしれません。お気持ちなので、千円から3千円ぐらいまでの物でも充分でしょう。具体的な品物に迷われるようでしたら、カタログギフトがお勧めです。カタログギフトなら金額がはっきりしませんし、相手に品物を選んで貰う事が出来ます。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース