カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 内祝いお祝い返しのマナー > 内祝い 返し方 | 返し | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

内祝いの返し方に関する常識

コンテンツ一覧

内祝いの返し方としてどのような言葉を使うのが最適か

内祝いの返し方としてどのような言葉を使うのが最適か

結婚や出産でお祝いをくださった方へ、内祝いを用意してお返しする際にどのような言葉で内祝い 返し方すれば気持ちが伝わりマナーも守れるのでしょうか?内祝い 返し方を郵送でお返しする場合は、お礼状やメッセージカードを添えますが、直接会ってお返しするのならどのタイミングでどんな言葉でお礼を伝えればいいの?と躊躇してしまうことがありますよね。そこで、お返しに伺う際にはこれだけはお伝えしたい!というポイントについて紹介します。まず、お礼状を送る時に記しておきたい文面といえば、①お祝いをいただいたことへのお礼・感謝②結婚(または出産などのイベント)が無事に終わりましたという報告③いただいたお祝いが役立っているという事実(いただいたお祝いで○○を買わせていただいて・・・など)④これから新生活の抱負⑤心ばかりお返しさせていただきたいという気持ち。たいてい、以上の点について組み合わせながら文章を作っていくのではないかと思います。直接お会いしてお返しするのですから、このような点に留意して言葉を選べば良いのではないでしょうか?例えば、出産内祝い 返し方で考えると選ばれる言葉は以下のようになるでしょうか。”先日は、息子の○○に際して、お心遣いいただいてありがとうございました。いただいたオモチャで息子も機嫌よく遊んでくれた助かっています。元気に生まれてくれて最近ようやく一息つける時間が持てるようになりました。これからも夫婦力を合わせて子育て頑張っていきたいと思います。これからも息子ともどもよろしくお願いします。”という具合ですね。もちろん、言葉遣いは相手との関係性、友人なのか、親族か、上司かによって使い分ける必要があることは言うまでもありませんね。また、お返しの品物で何にしようかと迷っているならカタログギフトが喜ばれますよ。友人や親兄弟のように家を行き来するお付き合いなら相手の好みもわかりますが、滅多とお会いしない親戚や上司の場合などは現物をお返ししても趣味に合わない可能性があります。その点、カタログギフトなら気に入ったものやギフト券への交換ができますからもらって悪い気はしなしでしょう。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

結婚内祝いの返し方に関するマナー

結婚内祝いの返し方に関するマナー

結婚祝いをいただいたら、内祝いを用意してお返しする必要がありますね。内祝いには、結婚の喜びを分かち合うという意味もありますが、昨今ではいただいたお祝いに対するお返し、お礼の気持ちを伝える手段という考え方が一般的ですので、内祝い 返し方次第では失礼にあたることもあります。気をつけましょう。まず、結婚式を挙げるカップルなら、おそらく結婚式当日にゲストからご祝儀をいただくことでしょう。それが想定内なので、お返しとして当日披露宴でゲストに対するお料理や引き出物を用意するわけです。こうして結婚式に来てくださった方へはお返しが完了することになりますね。しかし、そうでない方からお祝いをいただいた場合や、結婚式を挙げなかった場合には結婚式後や入籍後1か月以内をめどに内祝いを用意してお返しします。内祝い 返し方は直接会ってお返ししても良いですし、郵送させていただいても構いません。直接お渡しする場合、友人や親戚など個別にお返しできるのなら良いのですが、職場で特定の誰かにお返しを渡すときは、周囲のお祝いをくださっていない方の目に留まると気を遣わせてしまうのでタイミングに気をつけましょう。郵送の際には、内祝い 返し方としてお礼状やメッセージカードを添えるとお礼の気持ちが伝わり丁寧な印象になります。礼儀を重んじる方なら、内祝いが郵送される前にお礼の電話やお礼状がなく後日内祝いだけポンと送られてくることに疑問を感じる方もいらっしゃいます。できればお祝いをいただいてすぐ2~3日以内にひとまずお礼状を出しておくと良いでしょう。友人や親戚などフランクにお付き合いしている関係性なら、ひとまずお礼の電話を入れた後に内祝いをお返しするか、内祝いにメッセージカードを添えてお返しすると良いですね。また、内祝い 返し方には時期も大切。結婚式や入籍から1か月が経過するとお返しが遅い印象になります。時間がなく用意できていないようならカタログギフトを利用しましょう。カタログギフトなら忙しく働いているカップルでもネットで注文。のしやメッセージカードをつけて郵送するサービスを提供しているお店が見つかりますよ。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

出産内祝いの返し方に関するマナー

出産内祝いの返し方に関するマナー

出産のお祝いをいただいたら、お返しを用意する上で気を付けたいマナーがありますので紹介しましょう。まず、出産祝いの場合には内祝いをお返しする時期が生後1か月以降で良いとされています。およそ2か月までにお返しできればOKなのですが、この時間的余裕はつまり、お祝いをいただいてからお返しまでの期間があくことを意味しますよね。お祝いをくださった方も、ずっとお返しを期待して待っているわけではないかと思いますが、内祝いを用意するまでにひとまずはお礼の電話やお礼状を出しておきましょう。親戚や友人など人伝にお祝いをいただいた場合、お礼の連絡がないと先方としては”お祝いきちんと届いただろうか?”と心配になりますからね。また、常識的に考えてもいただいたらすぐお礼を伝えるのはマナーです。生後1か月を迎える頃には内祝いの準備をしましょう。手渡しできる方にはお返しを持って伺います。きちんとお祝いをいただいたことへの感謝の気持ちを伝えましょうね。また、まだ新生児がいる手前、すべての方に手渡しでお返しに伺うことは難しいでしょうから、内祝い 返し方が郵送になることも多いでしょう。その際に、直近でお祝いをいただいてお礼の電話やお礼状を出せていない場合はメッセージカードを添えるようにしたいです。メッセージカードのように軽いものなら、内祝い 返し方が郵送の方すべてに添えて贈っても印象が良いですね。郵送でお返しをする際にはカタログギフトが適していますよ。カタログギフトなら、先方がたまたま家を空けている時期で後々受け取ったとしても食品のように傷む心配がありませんね。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース