お知らせ

カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 内祝いお祝い返しのマナー > 内祝い お返し 時期 | 時期 | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

内祝いやお返しを贈る時期

コンテンツ一覧

出産内祝いやお返しを贈る時期

出産内祝いやお返しを贈る時期

出産するとお祝いの品をいただくことがあります。内祝い お返し 時期に悩みますが、いただいたら3日以内に電話や手紙にてお礼をするようにします。そのうえで、お返しの品を考えるようにします。お返しの品はカタログギフトなどが選ばれています。カタログギフトは軽いという点や、いただいた相手が好きなものを選ぶことができる、という点が魅力です。また、金額が細かく設定されているので選ぶのも大変ではありません。出産後は育児に不慣れなこともありますし、お母さん自身が本調子ではありません。睡眠時間も少なく、いろいろな事を考えている時間はあまりないので、予定がたてるようであれば、出産前から贈る人や品物を考えておくと良いでしょう。内祝い お返し 時期はお宮参りが終わる生後1か月ぐらいです。お宮参りの報告も含め、持参すると相手にも喜ばれます。その際品物には「出産内祝い」と書き、水引は蝶結びにします。表書きの下には子どもの名前を書きますが、ふりがなをふっておくとどのような名前なのか覚えてもらえます。もし、赤ちゃんの具合が悪かったり、お母さんの体調が良くない場合は、生後2か月までには贈るようにします。どうしてもだめな場合は郵送しますが、その際も必ず手紙を添えたり電話をかけたりするようにします。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

結婚式後に内祝いやお返しを贈る場合の時期

結婚式後に内祝いやお返しを贈る場合の時期

結婚式に出席しない方からお祝いをいただいた場合、内祝いとしてカタログギフトなどお返しを贈ることがあります。内祝い お返し 時期に悩みますが、出席していない方へ贈る場合には結婚式後すぐか、もしくは式後1か月以内が良いでしょう。お返しの品としてはカタログギフトやタオルセット、マカロンやクッキーといったお菓子が選ばれています。内祝いですのでのしをかけますが、のしの表書きは「内祝い」か「寿」とし、水引は結びきり、その下に、新姓を書きます。夫婦連名にするとなお良いです。お返しの金額としてはやはり半額程度とし、相手より高価なものは贈らないように配慮しますが、あまりにも金額が低いと感じさせるものは控えるようにします。内祝い お返し 時期は1か月以内です。もし新婚旅行に行ったならば、お土産も同時に渡しても良いでしょう。その際、会社の上司に渡すときは会社でなく勤務後などにします。勤務中に渡されると相手も困りますので気を付けます。結婚式後に内祝いやお返しを贈る場合、今後もよろしくお願いします、という意味も込められています。遠方の場合は郵送でも仕方がないのですが、そうでない場合は夫婦であいさつに行くとより相手にも気持ちが伝わります。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

初節句の内祝いやお返しを贈る時期

初節句の内祝いやお返しを贈る時期

初節句は産まれて初めて節句を迎えることで、男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日の桃の節句と言われています。初めて迎えるということで両親や親戚、友達からお祝いをいただくことが多いですが、そういった場合にも、初節句の内祝いとしてお返しするようにします。初節句の内祝い お返し 時期はいつだろうと悩みます。初節句の場合、食事会などが開かれますが、参加していない方からお祝いをいただいた場合には食事会などお祝いの日から1週間をめどにお返しします。男の子の場合は5月下旬、女の子の場合は3月下旬までに贈ると良いでしょう。お返しの品物はカタログギフトや子どもの名前が入ったカステラ、紅白の角砂糖や鰹節といったおめでたさを連想するものが選ばれています。カタログギフトは相手に好きなものを選んでもらえますし、カステラや砂糖などは消耗品ですので相手の負担になりません。のしの表書きには「初節句内祝い」と書き、水引は蝶結びにします。名前は子どもの名前を書くようにしましょう。金額としては3分の1か、半額です。内祝い お返し 時期はお祝いが終わったあとですのでお祝いの際の子どもの写真と共に贈るとより相手にも喜んでもらえます。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース