カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 内祝いお祝い返しのマナー > 義両親 | 結納返し | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

義両親への結納返しギフト2

コンテンツ一覧

義両親への結納返しに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

義両親への結納返しに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

「義両親への結納返しに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集」についてご紹介いたします。義両親への結納返しに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集にはどのようなものがあるのでしょうか。義両親への結納返しに添えるメッセージカード・手紙の書き方には次のようなものがあります。
拝啓
昨日はお忙しいところをお時間を頂戴しありがとうございました。
喜びの気持ちをすぐにでもお伝えしたくて筆をとりました。
これまでは結婚に漠然とした不安を感じておりました。お二人にいろいろなお話を伺い不安を拭うことができました。昨日の食事会は忘れられない幸せな時間となりました。
こんなに素敵なご家庭で育った和夫さんと結婚し、家族に加えていただけることをとても嬉しく思っております。
至らぬ点がありますが、どうか今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
まずは早くお礼を申し上げたくお便りいたしました。ありがとうございました。
かしこ
平成○○年○○月○○日
近藤裕子
渡辺一朗様   花子様
結納をきちんと執り行う場合と、略して結納を行う場合があります。略式化された結納の場合は記念品などを品物でおくりますが、義両親の好みの品物などをおくりたい場合にはまえもって確認しておくとよいでしょう。カタログギフトなどを贈り物として選んでもよいですし、カタログギフト以外にもお祝いメッセージギフトやお花のギフト、観葉植物のギフトなどもあります。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

義両親への結納返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

義両親への結納返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「義両親への結納返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」についてご紹介いたします。義両親への結納返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナーにはどのようなものがあるのでしょうか。結納は関東は「半返し」が一般的で関西は「1割返し」または用意しないこともあります。結納返しの相場は地方によっても慣習などがあります。一般的な形式をもちいる場合もありますし、略式にする場合もあります。あらかじめ結納金を少なめにしておいて結納返しを省略する場合もありますので双方のご家族でよく話し合われるとよいでしょう。結納返しの「御袴料」はお金で用意してもよいですし、品物で用意しても良いでしょう。結納は、両家のお付き合いに対する考え方が分かる場だとも言えますのでお互い自分の両親とよく相談してみてお互いの両親の意向などを確認したり地元の慣習についても考え方のすり合わせをしておいたほうがよいでしょう。男性側から女性側へそれとなく結納金の額を知らせることもよいですし、女性側から「御袴料代わりに欲しいもの」などを聞いておくことも大切です。結納返しの熨斗はケースバイケースになります。結納返しは縁起物も含めたセットで用意しますが、結納返しの記念品や縁起物は緑色や青色などを配した紙で包みます。地方によっては赤い紙の場合もあります。そして水引をかけるのが一般的です。関東式の場合は縁起物の包みや水引などは独特なものが多いです。関西式の結納返しの場合は御袴料には松の水引飾り、末広(扇子)には亀、酒料には竹、肴料には梅の水引飾りをつけるといった慣しがあります。結納返しには金封や縁起物などもふくめ一式で用意されている専用品などを使うことが多いです。略式の場合でも3点や5点というように品目に応じたセットなどが販売されています。結納返しの熨斗(のし)は表書きをしないこともありますので注意しておいたほうがよいでしょう。熨斗袋に表書きをする場合は贈り物に「目録」をつける代用の略式です。結納返しには目録をつけてお贈りしますので必ず表書きを入れなくてもよいとされています。結納返しのセットを購入する場合には表書きが必要になるのかという点も確認しておいたほうがよいでしょう。義両親への結納返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナーを守って失礼のないようにしましょう。結納の記念品に品物を送る場合には義両親の記念になるような品物を選んでもよいでしょう。たとえば名入れギフトなども人気です。カタログギフトを選んでカタログギフトの中から義両親に好みの品物を選んでもらってもよいでしょう。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

義両親への結納返し、もらって嬉しいものとは?

義両親への結納返し、もらって嬉しいものとは?

「義両親への結納返し、もらって嬉しいものとは?」についてご紹介いたします。義両親への結納返し、もらって嬉しいものとはどのような品物があるのでしょうか。最近では結納の簡略化が一般的になっており、それにともない結納返しもさまざまな品物があります。結納返しにも熨斗や末広、御袴料の3点のみとする場合が、記念品のみというスタイルが浸透しつつあります。関西の場合は基本的に結納返しの慣習がない地域もあります。結納返しの価格や金額などは結納品と同じくらいかやや控えめにっする場合があります。結納返しの品物がいただいた結納金や結納品よりも高価な場合は新郎となる男性や新郎の家族たちが恐縮しまうことになります。それでは両家のその後のお付き合いにも響いてしまいます。そのため、いただいたものと同じくらいにするかやや控えめな金額のものにすること一般的です。結納返しを贈るタイミングについては、結納の後日に改めて新郎となる男性のお宅へ結納返しを持参します。このような方法が正式ですが、両家の場所が遠い場合にはそういったことも大変です。最近では、結納と同時に結納返しも済ませるといったスタイルが多いようです。記念品としては、後にのこるようなオルゴールのメッセージを入れたような品物でも良いでしょう。また時計なども人気のアイテムです。義両親へはカタログギフトなどをおくって記念となる品物をカタログギフトの中から選んでもらっても良いでしょう。

内祝いのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース