カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 内祝い お祝い返し | お祝い 返し | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

内祝いとお祝い返し

コンテンツ一覧

内祝いとお祝い返しの違いは?

内祝いとお祝い返しの違いは?

「内祝いとお祝い返しの違いは?」についてご紹介いたします。最近の内祝いは、結婚や出産、快気祝い、入学祝いなど家庭のお祝い事で頂いたお祝いの金額に応じて贈り物をする「お返し」と捉えられています。しかし、本来の内祝いの意味は違います。内祝いの「内」とは「家」のことをさしており、内輪のお祝いのことを内祝いと呼んでいました。昔は、家でお祝い事があったときには、挨拶や報告をかねて身内をまねいたり親しい人をまねいて宴の席を設けました。そして、お祝いの席に来て頂いたことに感謝の気持ちを表すために手土産を用意して相手に礼をつくしました。結婚式の披露宴で用意する引き出物などは広い意味でみれば内祝いにあたるでしょう。その一方で、遠方にいて宴に出席することができない人に対しては挨拶として品物を贈る慣わしがありました。内祝い お祝い返しとは、本来はお祝いを頂いたから返すものではなくて家にめでたいことがあったためにその家の人が自発的に贈り物をおくったり宴の席を用意することを指していました。最近の内祝い お祝い返しでは、品物やカタログギフトなどをお返しとして用意します。カタログギフトは、贈られた相手にとっても選びやすいので万人受けするアイテムだといえます。

出産内祝い(お祝い返し)のマナー

出産内祝い(お祝い返し)のマナー

「出産内祝い(お祝い返し)のマナー」についてご紹介いたします。赤ちゃんが生まれると出産祝いを親兄弟や祖父母、親戚、友達、仕事関係の人などからお祝いを頂く場合があります。お祝いを頂くと内祝い お祝い返しを用意しますが、お祝いのお返しのマナーについて知っておくと社会人としてはずかしくないと言えます。内祝い お祝い返しのマナーは、お祝いを頂いてからあまり日がたたないうちに相手方に贈るようにしましょう。お返しの相場は、頂いた金額の三分の一から半額くらいの品物を選ぶことが一般的です。あまり奇抜なものを選ばないでセンスが良いものや高級なタオルセットやバス用品、スイーツ、ジュースなどのアソートセット、ジャムのアソートセット、調味料のアソートセット、洗剤のセットなどもおすすめの内祝いの品物です。またカタログギフトや商品券などもおすすめの内祝いの品物だといえます。カタログギフトや品物につける内祝いの「のし」についてですが、水引きは金銀または紅白の蝶結びの水引きをしようします。地方によっては水引きの結び方にも色々とありますのできちんと確認しておいたほうがよいでしょう。のしの表書きは、出産内祝または内祝とします。「のし」の下の段には、送り主の姓や世帯主のフルネームを記入するようにしましょう。

結婚内祝い(お祝い返し)のマナー

結婚内祝い(お祝い返し)のマナー

「結婚内祝い(お祝い返し)のマナー」についてご紹介致します。晴れて結婚をして結婚のお祝いを親兄弟や祖父母、親戚、友人などから頂いた場合にお祝いのお返しを用意することになります。内祝い お祝い返しは、頂いたお祝いの半返し、または三分の一程度の品物を贈るのが一般的なマナーとされています。お返しは、挙式をしてから一ヶ月以内に持参して結婚内祝いを相手方に渡すか、遠方の場合は宅配便などで贈るようにします。結婚式をあげたばかりの場合は、新生活ということもあり、手続きや仕事や引越しの片付けなどで何かと忙しい時期なのですが、お祝いはお返しが遅くならないように気をつけるようにしましょう。内祝い お祝い返しのマナーとしては、お祝いを受け取ったらすぐにお礼の電話をいれることです。その際には頂いたものに対する感想や感謝の気持ちを素直に相手につたえるようにしましょう。最近は、メールが連絡手段としては主流ですが、メールの場合は受け取る相手によっては失礼だと感じる方もいますので必ず電話をするようにしたほうがよいでしょう。お祝い返しの品物は、カタログギフトや商品券、タオルやスイーツなどを候補にいれてどうしても贈るものがきまらない場合はカタログギフトを手配すると良いでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース